全米プロゴルフ選手権

米国男子

岩田寛が歴史に名を残した! 63の大爆発で急浮上!

公式会見で笑顔を見せる岩田寛 全米プロゴルフ選手権(2015)(2日目) 写真・佐々木啓
公式会見で笑顔を見せる岩田寛 全米プロゴルフ選手権(2015)(2日目) 写真・佐々木啓
全米プロゴルフ選手権(8月13日~16日、米国ウィスコンシン州・ウィスリングストレイツ、7501ヤード、パー72)

 全米プロ2日目は、合計で16アンダー。日本勢3選手の合計スコアだ。このうち、9アンダーを占めるのが、米国本土でのメジャー大会初出場の岩田寛だ(小田孔明5アンダー、松山英樹2アンダー)。1イーグル、8バーディ、1ボギーの「63」。午後5時28分に悪天候のためプレーはサスペンデッドとなり、全員がホールアウトできていないが、9アンダーは今のところ第2ラウンドのベストスコアだ。

 それだけではない。63はメジャー大会の最少ストロークタイ記録。過去24人の選手が達成。岩田は25番目の男として、メジャーの歴史に名を刻んだ。アジア出身者では、青木功が1980年の全英オープンで達成して以来二人目。岩田がとんでもない偉業を成し遂げた。

 実は岩田、昨日の77のラウンドのあとは練習場に直行。最後の一人になるまで練習場で打ち込んだ。終わったのは日も暮れかけた午後7時50分。「左にしか行かない」というドライバーの不調を修正しようとしたがかなわず、不安を抱えたまま第2ラウンドに入った。

「いい感じではありませんでしたが、これならなんとかなるかなという感じでした。でも4番で左に行って、5番でも左に行って、心が折れそうでした。9番でやっと右に飛んでくれて。後半は13番でハーフ27か28を出したいと思いました。これまで29は何回かありますが、28は見たことがない景色だったので」

 前半はティショットを曲げながらも、今年の課題という「ガマン」を貫き、3バーディ、1ボギーの2アンダーでハーフターン。折り返した11番パー5で2オンに成功し、7メートルを沈めてイーグル。12、13番でもバーディ。15番からは圧巻の3連続バーディで9アンダーまで到達。最終18番はコース最難関ホール。ピンまで252ヤード残ったセカンドは大きくグリーンをショートし、右のラフ。バンカーとマウンド越えでピンが手前の難しい状況で、ピンをかすめるスーパーアプローチでパーセーブ。見事に18ホールを突っ走った。

「早く切り替えたいです。忘れたいというわけではありませんが、明日に向けて気持ちを切り替えます。(記録は)あまり興味がないというか……」

 いつもの岩田らしい、口下手なコメント。それでもいつもより少しなめらかな口調は、やはりうれしさの現れか。ホールアウトするなり、大会本部の係から公式会見に呼ばれた岩田。会見でもいつもの様子を変えない。最後にはジョークなのか、本音なのか分からない発言で締めくくった。

「よくこの場をテレビで見ていたので、ここに座っているのが光栄です。入ってきてここに上がったとき、もっと人がいると思いましたが……」

 プレー進行中でメディアがそろっていなかったのもあるが、岩田らしい素直な感想。63というスコアをたたき出したシャイな日本人に、メディアも笑うしかなかった。

 これで暫定ながら通算4アンダー、15位タイに浮上。昨年のWGC-HSBCチャンピオンズで3位に入ったことにより、米ツアーの入れ替え戦出場権を勝ち取っており、来月は米PGAツアー参戦に向けての4連戦が待ち受ける。今大会で上位に入り、前回との合計でフェデックスポイントランキング125位以内のポイントを獲得すればこの入れ替え戦は回避できるが、無口な男は多くを語らない。ビッグスコアと記録のことは忘れて、明日は再び上位を追う。

文・高桑均

※過去にメジャー大会で63をマークした選手

■岩田寛(2015年、全米プロ、2R、9アンダー)
■ジェイソン・ダフナー(2013年、全米プロ、2R、7アンダー)
■スティーブ・ストリッカー(2011年、全米プロ、1R、7アンダー)
■ロリー・マキロイ(2010年、全英オープン、1R、9アンダー)
■タイガー・ウッズ(2007年、全米プロ、2R、7アンダー)
■トーマス・ビヨーン(2005年、全米プロ、3R、7アンダー)
■ビージェイ・シン(2003年、全米オープン、2R、7アンダー)
■マーク・オメーラ(2001年、全米プロ、2R、7アンダー)
■ホセマリア・オラサバル(2000年、全米プロ、3R、9アンダー)
■グレッグ・ノーマン(1996年、マスターズ、1R、9アンダー)
■ブラッド・ファクソン(1995年、全米プロ、FR、8アンダー)
■マイケル・ブラッドリー(1995年、全米プロ、1R、8アンダー)
■ビージェイ・シン(1993年、全米プロ、2R、8アンダー)
■ペイン・スチュアート(1993年、全英オープン、FR、7アンダー)
■ニック・ファルド(1993年、全英オープン、2R、7アンダー)
■ジョディー・マッド(1991年、全英オープン、FR、7アンダー)
■ポール・ブロードハースト(1990年、全英オープン、3R、9アンダー)
■グレッグ・ノーマン(1986年、全英オープン、2R、7アンダー)
■ニック・プライス(1986年、マスターズ、3R、9アンダー)
■ゲーリー・プレーヤー(1984年、全米プロ、2R、9アンダー)
■レイモンド・フロイド(1982年、全米プロ、1R、7アンダー)
■青木功(1980年、全英オープン、3R、アンダー)
■ジャック・ニクラス(1980年、全米オープン、1R、7アンダー)
■トム・ワイスコフ(1980年、全米オープン、1R、7アンダー)
■マーク・ヘイズ(1977年、全英オープン、2R、7アンダー)
■ブルース・クランプトン(1975年、全米プロ、2R、7アンダー)
■ジョニー・ミラー(1973年、全米オープン、FR、8アンダー)
この日目標の5アンダーで回り暫定69位タイに浮上した小田孔明 全米プロゴルフ選手権(2015)(2日目) 写真・佐々木啓
この日目標の5アンダーで回り暫定69位タイに浮上した小田孔明 全米プロゴルフ選手権(2015)(2日目) 写真・佐々木啓 【拡大】
【日本人選手のコメント】

松山英樹(5バーディ、3ボギー、2アンダーの70、通算4アンダーの暫定15位タイ)
「5バーディはよかったですが、ショットの感じは戻っていません。明日に向けて、4アンダーはまぁ、いいのかなと思います。微妙なパーパットも入れていますし、大きなミスもしていません。普通に集中してやっていました。ティショットがいいところにいけばチャンスになるので、フェアウエーキープをしたいです」

小田孔明(6バーディ、1ボギー、5アンダーの67、通算2オーバーの暫定69位タイ)
「昨日に比べて足取りも軽いですよ(笑)。(一人棄権したので)二人のラウンドで、自分のペースでできました。後半ちょっと詰まりましたが、なんとか頑張ることができました。5アンダーを目標にしていたので、これで届かなかったらしようがないですね。とにかくアンダーで回れてよかったです。あとは祈るだけです。開き直ったのもありますが、あまり無理もしないで冷静にプレーできました。カットラインは意識していませんでした」

このラウンドのニュース

このトーナメントのニュース

関連ニュース

関連フォトギャラリー

Pargolf Members

すでに会員の方はこちら

最新トピックス


アクセスランキング

トーナメントプロ公式サイト・ブログ