全米プロゴルフ選手権

米国男子

松山英樹、前半4アンダー、後半は2オーバーも上々の滑り出し

好調なティショットでスコアを伸ばした松山英樹 全米プロゴルフ選手権(2015)(1日目) 写真・佐々木啓
好調なティショットでスコアを伸ばした松山英樹 全米プロゴルフ選手権(2015)(1日目) 写真・佐々木啓
米プロゴルフ選手権(8月13日~16日、米国ウィスコンシン州・ウィスリングストレイツ、7501ヤード、パー72)

 今季海外メジャー最終戦の初日としては上々の滑り出しとなった。2アンダーの15位タイで初日を終えた松山英樹。前半は4バーディ、ノーボギーと快調に飛ばした。後半もバーディが先行し、5アンダーの首位に躍り出たが、上がり4ホールで3ボギーと失速した。それでも貯金を生かして首位のダスティン・ジョンソンとは4打差の射程圏内で第2ラウンドに入る。

 インスタートの松山は、11番パー5の2打目を花道まで運ぶと、1メートルに寄せて楽々バーディ。14番パー4ではセカンドをピン左3メートルに乗せてこれをど真ん中から沈める。15番パー4ではセカンドをグリーンオーバーしながらも2メートル半のパーパットを決めてパーセーブ。16番パー5でもセカンドを花道に落とすと、3打目はピンに当たってOKバーディ。2010年の前回開催時には最難関だった520ヤードの18番パー4では、アゲンストの中235ヤードのセカンドを右手前8メートルに乗せてこれを沈めて4アンダーでハーフターンした。

「ショットもいいとは言えませんが、昨日よりはましになっています。悪くないと思います。フェアウエーをとらえれば、それほど難しいコースではありません。ショットが大事なコースですね」

 前後半ともにパー3を除く7ホール中、6ホールでフェアウエーをキープするなど、ティショットは好調。後半の上がりは風も強まりスコアを落としたのは残念だが、早朝6時55分スタートだった松山にとっては風も弱い時間帯でもう少しスコアを伸ばせておけばよかったと反省も残る。

「後半は、そんなに難しいところに行ったわけではありません。もったいないですね。もうちょっとバーディも取れたかなと思いますが、言い出せば切りがありません。明日に向けて修正できればいいと思います」

 午後スタート組はスコアが伸び悩み、まずはアンダーパーで上々のスタートを切った。目標とするメジャー制覇に向けて、残り3日間はエンジン全開で行く。

文・高桑均
強風に苦戦してスコアを伸ばせず140位タイと出遅れた小田孔明 全米プロゴルフ選手権(2015)(1日目) 写真・佐々木啓
強風に苦戦してスコアを伸ばせず140位タイと出遅れた小田孔明 全米プロゴルフ選手権(2015)(1日目) 写真・佐々木啓 【拡大】
【そのほかの日本人選手のコメント】

岩田寛(123位タイ、3ボギー、1ダブルボギー、5オーバー、77)
「ふがいないです。粘りましたが……。今日のドライバーでは厳しいですね。(風が強かった?)アンダーパーで回っている人もいますから。自分のショットの問題です。ドライバーに関しては、どのコースに行っても今日のだったら厳しいです。ボギーもダブルボギーも全部ドライバーが左に行きました。気持ちなのか、何なのか、何かあると思うのですが……。明日はアンダーパーで回って帰ります」

小田孔明(140位タイ、1バーディ、4ボギー、2ダブルボギー、7オーバー、77)
「振り返りたくないくらいです。必死にパーを取っていったけど、6番のダボが痛かったですね。取り返せそうで取り返せなくて……。今日バーディを一個しか取れていないので、明日はガンガン行きますよ」

このラウンドのニュース

このトーナメントのニュース

関連ニュース

関連フォトギャラリー

Pargolf Members

すでに会員の方はこちら

最新トピックス


アクセスランキング

トーナメントプロ公式サイト・ブログ