全米プロゴルフ選手権

米国男子

R・マキロイ vs J・スピースに松山英樹が挑む!

復帰戦となったロリー・マキロイはジョーダン・スピースと世界一の座をかけて同組でスタート 全米プロゴルフ選手権(2015)(事前情報) 写真・佐々木啓
復帰戦となったロリー・マキロイはジョーダン・スピースと世界一の座をかけて同組でスタート 全米プロゴルフ選手権(2015)(事前情報) 写真・佐々木啓
全米プロゴルフ選手権(8月13日~16日、米国ウィスコンシン州・ウィスリングストレイツ、7501ヤード、パー72)

 今季の海外メジャー最終戦、全米プロゴルフ選手権が現地時間の13日に開幕する。

 会場となるのは五大湖の一つ、ミシガン湖岸に広がるスコットランドを思わせるリンクスコースで、5年前にも同大会を開催したウィスリングストレイツだ。全長は7501ヤード、パー72。約1000個のバンカーがコース内に点在し、フェアウエーを外すと深いラフとバンカーが待ち受ける。加えて湖からの風が吹き付け、各選手苦戦が予想される。

 2010年大会では、優勝争いのまっただ中にいたダスティン・ジョンソンが、ギャラリーで踏みつけられたバンカー内でクラブをソールして2罰打を科せられメジャーの栄冠を逃したことも記憶に新しい。そんな難コースに挑む世界の強豪らの中で注目を集めているのは、予選ラウンドを同組で回る世界ランキング1位のロリー・マキロイと同2位のジョーダン・スピースだ。

 マキロイは、7月の上旬に友人らとサッカーを楽しんだ際に左足首の靱帯(じんたい)をを損傷。ディフェンディングチャンピオンとして臨むはずだった全英オープンとWGC-ブリヂストンインビテーショナルを欠場。リハビリとトレーニングにあて、今大会がいよいよ復帰戦となる。

「医者からは、完治には6週間から8週間ほどかかるといわれたが、周りのサポートもあって5週間で復帰できた。ケガの2週間後には外で歩くこともできたし、先週はポルトガルで4日連続18ホール回ってきた。今日も20分のランニングをしたし、足首は問題ない。今週が終わったら誰が世界ナンバーワンか分かるよ」

 ケガの影響が心配されたが、リハビリとトレーニングで万全ではないまでも戦える状態まで戻したと自信をのぞかせた。
今季メジャー最終戦で悲願の初制覇を目指す松山英樹 全米プロゴルフ選手権(2015)(事前情報) 写真・佐々木啓
今季メジャー最終戦で悲願の初制覇を目指す松山英樹 全米プロゴルフ選手権(2015)(事前情報) 写真・佐々木啓 【拡大】
 マスターズ、全米オープンを制し、全英オープンではプレーオフに1打足りずに4位タイに終わったスピース。先週のWGC-ブリヂストンインビテーショナルでは本調子ではない中でトップテンに食い込んだ。今週はコーチも会場入りし、調整は万全。連覇を目指すマキロイと今季メジャー3勝目をもくろむスピースの対決には大きな期待が寄せられる。

 そんな二人の争いに割って入るのが松山英樹だ。月曜日にコース入りした松山だったが、断続的な雷雨中断のため、パッティング練習のみでコースをあとにした。火曜日は18ホールをラウンド。前日となった今日はアウトコースの9ホールを回って最終調整にあてた。

 米メディアからの優勝予想にも顔を出す期待の松山。メジャー最終戦で栄冠をつかむことができるか? 日本からは小田孔明、岩田寛も参戦。不調のタイガー・ウッズも完全復活への糸口をつかみたいと意気込む。話題豊富な全米プロがいよいよ幕を開ける。

文・高桑均

このトーナメントのニュース

関連ニュース

関連フォトギャラリー

Pargolf Members

すでに会員の方はこちら

最新トピックス


アクセスランキング

トーナメントプロ公式サイト・ブログ