WGC-ブリヂストンインビテーショナル

米国男子

J・ローズが首位タイに浮上! 日本勢は小田が45位タイ、松山は58位タイ

この日のベストスコアタイ63をマークして首位タイに浮上したジャスティン・ローズ WGC-ブリヂストンインビテーショナル(2015)(3日目) 写真・佐々木啓
この日のベストスコアタイ63をマークして首位タイに浮上したジャスティン・ローズ WGC-ブリヂストンインビテーショナル(2015)(3日目) 写真・佐々木啓
WGC-ブリヂストンインビテーショナル(8月6日~9日、米国オハイオ州・ファイアーストーンCCサウスC、7400ヤード、パー70)

 現地時間8日に行われた大会3日目。8位タイのジャスティン・ローズ(英国)が63をマークして、通算9アンダーでジム・フューリクと並んで首位タイに浮上。日本勢はスコアを大きく伸ばせず、小田孔明は69で回り、通算4オーバーの45位タイに浮上。松山英樹は73と3つ落として、通算7オーバーの58位タイに後退した。

 2アンダーの8位タイから出たジャスティン・ローズが、1番、2番を連続バーディでスタートすると、前半を3バーディ。後半入っても4バーディを奪い、ノーボギーで回って、この日のベストスコアタイの63をマーク。7つスコアを伸ばし、通算9アンダーの首位タイに浮上した。

 2日連続で66をマークし、単独首位に立って3日目を迎えたジム・フューリクは、3バーディ、2ボギーの69と一つスコアを伸ばしただけにとどまったものの、通算9アンダーで首位をキープ。明日の最終日は、RBCヘリテージに次ぐ今季2勝目を狙うフューリクと同じくチューリッヒ・クラシック・オブ・ニューオリンズに次ぐ今季2勝目を目指すローズが首位タイに並んで最終組からスタートする。

 シェーン・ローリー(アイルランド)が67で回り、首位に2打差の通算7アンダーで単独3位。スティーブン・バウディッチ(オーストラリア)が63のベストスコアタイをマークして通算5アンダー。イアン・ポールター(英国)、ヘンリク・ステンソン(スウェーデン)と並んで4位タイに浮上。

 2位タイからスタートしたバッバ・ワトソンは、3バーディ、2ボギーの69で回り、通算5アンダーの4位タイに後退。同じく2位タイのダスティン・ジョンソンは1バーディ、4ボギー、1ダブルボギーの75とスコアを落とし、通算1オーバーの26位タイに後退した。

 49位タイから出た松山英樹は2日目同様ショットに苦戦。2番でティショットを左に曲げてボギーが先行し、4番、8番と3つ落としてハーフターン。後半に入ると10番でバーディが先行したものの流れには乗れず、13番、15番でボギー。18番はバーディで締めくくったが、2バーディ、5ボギーの73。通算7オーバーの58位タイに後退した。

 一方、56位タイの小田孔明は2番でバーディが先行、5番ではチップインバーディと好調な滑り出し。6番、7番で連続ボギーをたたいたものの、8番のバーディで前半を一つ伸ばし、後半は1バーディ、1ボギーで終え、トータル4バーディ、3ボギーの69。一つスコアを戻して通算4オーバーの45位タイに浮上した。

このラウンドのニュース

このトーナメントのニュース

関連ニュース

関連フォトギャラリー

Pargolf Members

すでに会員の方はこちら

最新トピックス


アクセスランキング

トーナメントプロ公式サイト・ブログ