WGC-ブリヂストンインビテーショナル

米国男子

松山英樹、貫禄の4アンダーで次週のメジャーに弾み

最終日にようやく“らしさ”を見せてスコアを伸ばした松山英樹 WGC-ブリヂストンインビテーショナル(2015)(最終日) 写真・佐々木啓
最終日にようやく“らしさ”を見せてスコアを伸ばした松山英樹 WGC-ブリヂストンインビテーショナル(2015)(最終日) 写真・佐々木啓
WGC-ブリヂストンインビテーショナル(8月6日~9日、米国オハイオ州・ファイアーストーンCCサウスC、7400ヤード、パー70)

 世界ランキング15位、大会前の優勝予想でも4番目につけた松山英樹が、最終日にしてようやくらしさを見せた。

 初日こそ1アンダースタートで上々の滑り出しを切ったが、2日目5オーバー、3日目3オーバーとどうにも調子が上がらなかった。「ここまで調子が悪いのは久しぶり」と嘆いたが、メジャー制覇を見据える男はこのまま終わるわけにはいかなかった。出だしの1番でいきなりバーディスタート。2番のパー5でもティショットをミスしながら2打目を花道まで運び、3打目を寄せて連続バーディ。6番では、下りの7メートル、難しいフックラインを読み切りバーディとした。

「まだまだ不安があって気持ち悪い部分はありますが、いざやってみたらショットもパットもよくなっていてスコアにつながったと思います。ショットが悪くてこんなに長引いたのは久しぶりです」

 ようやくかみ合い始めたショットとパットで勢いに乗ったかに見えたが、8番パー4では、ティショットをティグラウンド左前方100ヤードほどの木に当てるミス。2打目をまたも左ラフに打ち込み、グリーンを狙った3打目がまたしても木に当たり4オン、1パットのボギー。10番をバーディとして迎えた後半14番ではまたしてもティショットをミスしてボギーと、完全復活とまではいっていない様子。それでも16番、18番でバーディを奪ってこの日は6バーディ、2ボギーの66、通算3オーバーまでスコアを戻して37位タイで大会を終えた。

「ちょっと忘れていたものを思い出したところはあります。いい経験になったかなと思います。8番と14番はとんでもないミスでしたが、1週間あればしっかり直せます。全米プロの初日にはいい状態で入れるように頑張りたいです。去年ほどは悩んでいないので、戻せると思ってやるしかありませんね」

 次週は今季メジャー最終戦の全米プロゴルフ選手権。不安の残る中での4アンダーに光明を見いだしつつ、悲願成就のために短い時間で修正する。
海外メジャーへの課題を残して大会を終えた小田孔明 WGC-ブリヂストンインビテーショナル(2015)(最終日) 写真・佐々木啓
海外メジャーへの課題を残して大会を終えた小田孔明 WGC-ブリヂストンインビテーショナル(2015)(最終日) 写真・佐々木啓 【拡大】
 45位タイからスタートした小田孔明は、3バーディ、2ボギー、1ダブルボギーの1オーバー、通算5オーバー、順位はそのまま45位タイでフィニッシュした。

「まだまだ勉強するところがいっぱいあります。グリーン回りのアプローチだったり、パッティングだったり、バンカーだったり。それさえなくせばいいところで戦えると思います。海外選手とのその差を縮めていきたいですね。ドライバーは思い切り振れば飛距離でも負けていないと思うし、いろいろ試してみて引き出しは増えました」

 昨年の日本ツアー賞金王ながら、これまで慣例とされてきたマスターズの招待を受けなかった。来年のマスターズ出場に向けて、来週の全米プロゴルフ選手権でさらに順位を上げてワールドランキング浮上を目指す。

文・高桑均

このラウンドのニュース

このトーナメントのニュース

関連ニュース

関連フォトギャラリー

Pargolf Members

すでに会員の方はこちら

最新トピックス


アクセスランキング

トーナメントプロ公式サイト・ブログ