クイッケンローンズナショナル

米国男子

石川遼が首位タイ発進! 6連続バーディにエースの猛チャージ!

6連続バーディとエースで8アンダーの63をマークし、初日は首位タイの石川遼 クイッケンローンズナショナル(2015)(1日目) 写真・Getty Images
6連続バーディとエースで8アンダーの63をマークし、初日は首位タイの石川遼 クイッケンローンズナショナル(2015)(1日目) 写真・Getty Images

リーダーズボード

クイッケンローンズナショナル(7月30日~8月2日、米国バージニア州・ロバート・トレント・ジョーンズGC、7385ヤード、パー71)

 現地時間30日に開幕したクイッケンローンズナショナル。シード確保に向けて正念場を迎えた石川遼が、6連続バーディにエースを達成するなど63をマーク。8アンダーの首位タイと好スタートを決めた。レティーフ・グーセン(南アフリカ)が石川と並んで首位タイ。大会ホストのタイガー・ウッズは3アンダーの27位タイにつけている。

 現在フェデックスポイントランキング140位、賞金ランキングも130位と来季のシード確保に黄色信号が灯った石川遼が猛チャージを見せた。

 インスタートの石川は、出だし10番でティショット、セカンドショットともに左のラフに入れたが、アプローチを1メートルに寄せてパーセーブすると、13番までパーセーブを続ける無難な立ち上がりを見せ、14番パー5の3打目を2.5メートルのチャンスにつけて、バーディが先行。

 これで流れをつかみ、15番では1.4メートル、16番7メートル、17番、18番は5メートルと次々に沈めて5連続バーディ。さらに折り返した1番でも1.8メートルを沈めて6連続バーディで一気に浮上し、迎えた4番178ヤードのパー3。8番アイアンで打ったティショットをグリーン奥の傾斜に当てて、戻ったボールがそのままカップイン。

 2013年のプエルトリコオープン以来、米ツアー2度目のホールインワンを達成し、残り4ホールをパーで終えると、1イーグル、6バーディの63をマーク。8アンダーで首位タイの好スタートを切った。

 8バーディ、ノーボギーの63で回ったレティーフ・グーセンが石川と並んで8アンダーの首位タイ。7アンダーの3位タイにはベテランのアーニー・エルス(南アフリカ)、ジャスティン・レナードとツアー未勝利のケビン・チャペルの3人。

 2010年、14年大会を制し、2連覇のかかったジャスティン・ローズ(英国)は、8バーディ、3ボギーの66で回り、5アンダーの10位タイ。この日18番パー3でホールインワンを達成したリッキー・ファウラーが、1イーグル、4バーディ、2ボギーの67で4アンダーの18位タイ。

 また、大会ホストのタイガー・ウッズは4連続バーディを含む、6バーディ、3ボギーの68で回り、3アンダーの27位タイで初日を終えている。

このラウンドのニュース

このトーナメントのニュース

関連ニュース

関連フォトギャラリー

Pargolf Members

すでに会員の方はこちら

最新トピックス


アクセスランキング