RBCカナディアンオープン

米国男子

石川遼「集中力が持たなかった」

終盤にミスが連続し、最終日に進めなかった石川遼 RBCカナディアンオープン(2015)(3日目) 写真・Getty Images
終盤にミスが連続し、最終日に進めなかった石川遼 RBCカナディアンオープン(2015)(3日目) 写真・Getty Images
RBCカナディアンオープン(7月23日~26日、カナダ・グレンアビーGC、7253ヤード、パー72)

 72位タイから巻き返しを狙った3日目の石川遼。出だしの1番で3パットのボギーをたたき、前半は我慢のゴルフで1オーバー。後半は11番でバーディが先行し、流れに乗るかと思われたが、13番パー5で2オン狙った2打目をハザードに入れると、続く14番でもティショットを左のハザードに打ち込み連続ボギー。15番で一つ戻したものの、16番でも第2打を大きく左に曲げるトラブルでボギーとして2バーディ、4ボギーの74。通算イーブンパーの85位タイと順位を落とし、セカンドカットとなって大会を終えた。

「粘ってプレーできてたが、後半のパー5がすべてかなと思う。最低でもひとつふたつ伸ばせば最終日に行けると思ってた。そこまで悪いプレーじゃなかったけど、集中力が持たなかった感じでした」

 出だし1番で3パットのボギースタート。

「ファーストパットは引っかけ気味。セカンドパットも注意不足で引っかけて外した。前半はショットの内容がよくなかったなという感じ。11番のバーディから挽回はできたけど、そこからアイアンがあまりよくなかったし、ミスもあった。ちょっともやっとした感じで打ってるので、疲れかなとも思います」

 11番でバーディを奪ったものの13番、14番とハザードに入れて連続ボギー。

「13番パー5は6Wで(2オン狙い)、つかまりきらず。一生懸命やってはいるけど、行っちゃいけないところに行ってしまうミスが13、14、16番で出ている。あそこに打っていくという気持ち、集中力が足りなかった」

 2年前の大会同様、セカンドカットで最終日に進めず。

「一日早く移動できるのは正直悪くないかなとは思う。もちろん今日通って明日すごくいいプレーできればっていうのがあったけど……。体調面でそれが望める状態じゃなかったのが悔しい。自己管理能力がまだまだ課題。終わってしまったことはしようがないので、次に向けてどうやってベストを尽くしていくか。完璧な準備をして、また来週も予選通ってやれるように頑張ります」

このラウンドのニュース

このトーナメントのニュース

関連ニュース

関連フォトギャラリー

Pargolf Members

すでに会員の方はこちら

最新トピックス


アクセスランキング