全英オープン

米国男子

松山英樹「バーディパットが入らず悔しい」

首位と5打差の18位タイに順位を落とした松山英樹 全英オープン(2015)(3日目) 写真・写真・村上航
首位と5打差の18位タイに順位を落とした松山英樹 全英オープン(2015)(3日目) 写真・写真・村上航

リーダーズボード

順位 選手名 スコア 合計
1T Paul Dunne(a) -6 -12
1T ルイ・ウーストヘーゼン -5 -12
1T ジェイソン・デイ -5 -12
4 ジョーダン・スピース -6 -11
5 パドレグ・ハリントン -7 -10
6T マーク・リーシュマン -8 -9
6T Jordan Niebrugge(a) -5 -9
6T セルヒオ・ガルシア -4 -9
6T ジャスティン・ローズ -4 -9
6T レティーフ・グーセン -3 -9
全英オープン(7月16日~19日、英国スコットランド・セントアンドリュースGCオールドC、7297ヤード、パー72)

 全英オープン第3ラウンド。首位と3打差の10位タイでスタートした松山英樹は、3バーディ、2ボギーの71と1つ伸ばすにとどまり、通算7アンダー、首位と5打差の18位タイと順位を落とした。

 松山は2番(パー4)で6メートルを沈めてバーディ先行としたが、3番で4メートル、7番で2メートルを外すなど、前半バーディパットを外して天を仰ぐシーンが目立った。9番(パー4)は2打目を30センチ、12番(パー4)は2打目を1.5メートルにつけてバーディを奪い、首位との差を縮める。

「残念です」という14番(パー5)。70ヤードほどの3打目。ピンはグリーンエッジから強烈な傾斜を上って4ヤードのところに立っている。低いボールで手前から転がして狙ったがわずかに弱く、傾斜を登りきらずに手前のエッジへ。エッジからパターを使ったが4メートルオーバーして、返しを決められずにボギーと通算8アンダーに後退した。

 今大会の最難関ホール、17番(パー4)はホテル越えをきれいに決めてフェアウエーをキープ。2打目は左から強い風が吹く中でミスショットをして、左手前にある“トミーズバンカー”に入れてしまう。ボールは壁のすぐ近くで一発では脱出できない。4打目も難しい状況を1.5メートルに寄せてボギーでしのいだが、そのまま通算7アンダーでホールアウトした。

「チャンスにはつけられていたと思いますが、バーディパットが決められなかったです。ストロークの感触も悪くないし、タッチも合っています。芝も関係ありません」

 タッチは合っていたが傾斜を読み切れずにバーディ量産とはいかなかった。

 この日は昨日の強風が嘘のように午前中から穏やかな風だった。午前スタート組は64や65をマークする選手もおり、80人中オーバーパーは11人しかなかった。その中で、最終組とその一つ前の組の4選手でアンダーパーをマークした選手はいなかった。昨日までのトップは10アンダーだが、第3ラウンドを終えて首位は12アンダーだったのが松山には救いといえる。

「明日5、6アンダー、もっと必要かもしれませんがそれぐらいのプレーをしたら面白い位置にいけると思います」

 5打差以内に25人と大混戦。66をマークした第2ラウンドのようなプレーをすれば、再び優勝争いに加わり、クラレットジャグを手にする可能性は残されている。

文・小高拓

このラウンドのニュース

このトーナメントのニュース

関連ニュース

関連フォトギャラリー

Pargolf Members

すでに会員の方はこちら

最新トピックス


アクセスランキング

トーナメントプロ公式サイト・ブログ