全英オープン

米国男子

松山英樹は18位タイに後退、J・デイら3人が首位タイの大混戦に

トミーズバンカーにつかまりボギーをたたいた松山英樹 全英オープン(2015)(3日目) 写真・写真・村上航
トミーズバンカーにつかまりボギーをたたいた松山英樹 全英オープン(2015)(3日目) 写真・写真・村上航

リーダーズボード

順位 選手名 スコア 合計
1T Paul Dunne(a) -6 -12
1T ルイ・ウーストヘーゼン -5 -12
1T ジェイソン・デイ -5 -12
4 ジョーダン・スピース -6 -11
5 パドレグ・ハリントン -7 -10
6T マーク・リーシュマン -8 -9
6T Jordan Niebrugge(a) -5 -9
6T セルヒオ・ガルシア -4 -9
6T ジャスティン・ローズ -4 -9
6T レティーフ・グーセン -3 -9
全英オープン(7月16日~19日、英国スコットランド・セントアンドリュースGCオールドC、7297ヤード、パー72)

 現地時間19日に行われた大会3日目。10位タイの松山英樹は71で回り、スコアを一つ伸ばしたものの、通算7アンダーの18位タイに後退。ジェイソン・デイら3人が通算12アンダーの首位タイ、ジョーダン・スピースが通算11アンダーで1打差の4位、さらに1打差にパドレグ・ハリントンの通算10アンダーと上位は大混戦で最終日を迎える。

 首位に4打差の10位タイからスタートした松山英樹は、2番でバーディが先行すると8番まではパーセーブを重ね、9番のバーディで二つ伸ばしてハーフターン。後半も12番のバーディで、一時は通算9アンダーまで伸ばしたが、14番のボギーで一つ落とすと、17番パー4では、1978年大会で中嶋常幸が脱出に4打要したバンカー、通称トミーズバンカーにつかまると、1度で出せずに4オン1パットのボギー。この日は第2ラウンドのようなパットのさえが見られず、3バーディ、2ボギーの71。通算7アンダーの18位タイに後退した。

 4位タイのジェイソン・デイ(オーストラリア)が、5バーディ、ノーボギーの67と5つスコアを伸ばし、通算12アンダーの首位タイに浮上。ルイ・ウェストヘーゼン(南アフリカ)とアマチュアのポール・ダン(アイルランド)が同じく通算12アンダーの首位タイ。

 第1ラウンド、第2ラウンドと単独首位を守ったダスティン・ジョンソンは上がり3ホールを連続ボギーとするなど、1バーディ、4ボギーの75とスコアを落とし、通算7アンダーで松山と同じ18位タイに後退した。

 ジョーダン・スピースが7バーディ、1ボギーの66をマークして、通算11アンダーの単独4位に浮上。首位とは1打差で最終日を迎え、メジャー3連勝を目指す。単独5位には2007年、08年と今大会連覇を果たしたパドレグ・ハリントン(アイルランド)の通算10アンダー。

 通算9アンダーの6位タイにはセルジオ・ガルシア(スペイン)、アダム・スコット(オーストラリア)、ジャスティン・ローズ(英国)ら9人が並び、大混戦で最終日を迎える。

このラウンドのニュース

このトーナメントのニュース

関連ニュース

関連フォトギャラリー

Pargolf Members

すでに会員の方はこちら

最新トピックス


アクセスランキング

トーナメントプロ公式サイト・ブログ