全英オープン

米国男子

松山英樹は64位タイと初日は出遅れ、日本勢最上位は藤田寛之の41位タイ

3バーディ、3ボギーのイーブンで64位タイ発進となった松山英樹 全英オープン(2015)(1日目) 写真・写真・村上航
3バーディ、3ボギーのイーブンで64位タイ発進となった松山英樹 全英オープン(2015)(1日目) 写真・写真・村上航

リーダーズボード

全英オープン(7月16日~19日、英国スコットランド・セントアンドリュースGCオールドC、7297ヤード、パー72)

 現地時間16日に開幕した全英オープン。注目の松山英樹は3バーディ、3ボギーの72で回り、イーブンパーの64位タイ。8名が参戦した日本勢では1アンダーで回った藤田寛之の41位タイが最上位。ダスティン・ジョンソンが7アンダーの単独首位、ジョーダン・スピースは5アンダーの8位タイにつけている。

 松山英樹はジョーダン・スピース、ダスティン・ジョンソンと同組でスタート。1番で2メートルを沈めてバーディが先行、2番ではカップにけられて惜しくも連続バーディとならなかったものの、3番、5番のバーディで、前半を3つ伸ばして折り返した。

 しかし、10番パー4で3オン2パットとこの日初めてのボギーをたたくと流れが変わり、14番ではフェアウエー左サイドのポットバンカーに入れてボギー、続く15番でも短いパーパットを外して連続ボギー。後半はパットに苦しみトータル3バーディ、3ボギーの72、イーブンパーの64位タイと出遅れた。

 藤田寛之は前半2番、5番と2バーディを奪い、後半は14番でボギーをたたいて71でホールアウト。1アンダーの41位タイと日本勢では最上位。小田孔明がイーブンパーの64位タイ、富村真治は1オーバーの88位タイ。

 選手会長の池田勇太は14番のOBが響き、4バーディ、4ボギー、1ダブルボギーの74、2オーバーの109位タイと出遅れた。高山忠洋は3オーバーで127位タイ、手嶋多一は4オーバーの139位タイ、岩田寛は7オーバーとたたき151位タイと大きく出遅れた。

 ダスティン・ジョンソンが1イーグル、5バーディ、ノーボギーの65をマークして、7アンダーの単独首位。6アンダーの2位タイにはザック・ジョンソン、ジェイソン・デイ(オーストラリア)、レティーフ・グーセン(南アフリカ)ら6人が並んだ。

 現在メジャー2連勝中、今大会を制して年間グランドスラムを目指すジョーダン・スピースは、1番、2番を連続バーディでスタート。5番からは3連続バーディを奪って前半5つ伸ばし、後半は2バーディ、2ボギーのイーブンで回って7バーディ、2ボギーの67。首位に2打差の5アンダーで8位タイにつけた。

 2013年大会覇者のフィル・ミケルソンは2アンダーの24位タイ。タイガー・ウッズは5オーバーの146位タイと大きく出遅れている。今年で全英オープン引退を表明したトム・ワトソンは4オーバーの139位タイで初日を終えた。

 また、昨年は惜しくも2位に終わったリッキー・ファウラー。前哨戦のスコティッシュオープンを制し、絶好調で今大会を迎えたが、1イーグル、2ボギーの72とスコアを伸ばせず、イーブンパーの64位タイ。

 なお、ディフェンディングチャンピオンのロリー・マキロイ(北アイルランド)は友人とサッカーをしたときに左足首の靱帯を断裂し、今大会を欠場した。

このラウンドのニュース

このトーナメントのニュース

関連ニュース

関連フォトギャラリー

Pargolf Members

すでに会員の方はこちら

最新トピックス


アクセスランキング

トーナメントプロ公式サイト・ブログ