全英オープン

米国男子

【全英オープン現地直前情報】松山英樹、バンカーを警戒

セッティングに関して大きな変更はない松山英樹 全英オープン(2015)(事前情報) 写真・村上航
セッティングに関して大きな変更はない松山英樹 全英オープン(2015)(事前情報) 写真・村上航
 ゴルフの聖地セントアンドリュースオールドコースを舞台に、第144回全英オープンが日本時間の本日夜に開幕する。日本人勢は優勝候補にも推される松山英樹を筆頭に、昨年の賞金王の小田孔明、賞金ランキング2位の藤田寛之、日本オープン覇者の池田勇太、ミズノオープン優勝者の手嶋多一、同3位タイの高山忠洋、富村真治、そして大会直前にワールドランキングの繰り下がりで滑り込んだ岩田寛の8人が出場する。

 大会前週の金曜日に現地入りした松山英樹は、初めての聖地での全英オープンだ。この日までに4ラウンドを消化。クラブセッティングに関しては、米ツアーで戦う中のオプションの一つであるユーティリティの2番を使用と、特別な変更はない。

“聖地”でもっとも警戒するのはバンカーだ。

「1回で出ないようなバンカーもあるので、入れてはいけないところにいかないようにしっかりやれば、自然とスコアが伸びてくると思います」

 深くて小さいリンクス特有のポットバンカーが、グリーン周りだけでなくフェアウエー上にも無数にある。入れてしまうと出すだけ。バンカーを避けて上位進出を狙う。

二度目なので落ちついているという小田孔明 全英オープン(2015)(事前情報) 写真・村上航
二度目なので落ちついているという小田孔明 全英オープン(2015)(事前情報) 写真・村上航 【拡大】
 賞金王の小田は、セントアンドリュースは一番の憧れのコースであり、二度目の挑戦となる。

「前回は練習ラウンドで橋に立ったときに涙が出てきたり、憧れのまま終わってしまいました。今回は2回目なので落ち着いています。調子はいいので楽しみです」

 当地に到着するまでにトラブルもあったが、前回予選落ちに終わったリベンジを果たす。

 セントアンドリュース3度目の藤田寛之は、これまでのメジャーと違い省エネモード。火曜日から練習ラウンドを開始したが、合計で25ホールのみのラウンドで本番に臨む。練習も軽めに切り上げた。

「今までは現地入りしてからラウンドを多めにして、練習もたくさんやっていましたが、短期間でどうにかなるものではないと思うので、今の自分のまま臨みたいと思います」

 練習のゴルフをする時間をセーブしながら、新しい境地で準備を終えた。

 前週のミュゼプラチナムオープンで5位タイに入った池田勇太は、好調のまま二度目のセントアンドリュースに乗りこんだ。

「新しいクラブもいい感じだし、調子はいい。最低限4日間戦って、少しでも上位に行きたいですね。出るからには優勝を狙いますが、4位タイに入ればマスターズも出られるし、日本人最高順位と並ぶのでそこを目標にしてきたい」

 今週から〈J015〉プロトタイプのドライバーと、全英対策として〈JGR〉プロトタイプのアイアン型ユーティリティ(ロフト17度、21度)、そしてオフセットにしたウェッジの使用を決めた。
4位以内を目指すと気合十分の池田勇太 全英オープン(2015)(事前情報) 写真・村上航
4位以内を目指すと気合十分の池田勇太 全英オープン(2015)(事前情報) 写真・村上航 【拡大】
 今大会はジョーダン・スピースのメジャー3連勝がかかり、全英オープン通算5勝を誇るトム・ワトソンが今大会で全英オープン引退を表明と話題はつきない。話題の一つに日本勢の活躍も期待したい。

文・小高拓

このトーナメントの事前情報

このトーナメントのニュース

関連ニュース

関連フォトギャラリー

Pargolf Members

すでに会員の方はこちら

最新トピックス


アクセスランキング

トーナメントプロ公式サイト・ブログ