ザ・グリーンブライアークラシック

米国男子

D・リーがプレーオフを制して初優勝! 石川遼は伸ばせず76位で終了

4人によるプレーオフを制し、ツアー初勝利を挙げたダニー・リー ザ・グリーンブライアークラシック(2015)(最終日) 写真・Getty Images
4人によるプレーオフを制し、ツアー初勝利を挙げたダニー・リー ザ・グリーンブライアークラシック(2015)(最終日) 写真・Getty Images
ザ・グリーンブライアークラシック(7月2日~5日、米国ウェストバージニア州・ジ・オールドホワイトTPC、7287ヤード、パー70)

 現地時間5日。一時は首位から1打差に10人以上と大混戦となった最終日。4人が通算13アンダーで並ぶプレーオフを制し、24歳のダニー・リー(ニュージーランド)が初優勝を果たした。石川遼は70とスコアを伸ばせず、通算イーブンパーの76位で大会を終えた。

 通算11アンダーの首位タイに並んで最終日を迎えたジェイソン・ボーン、ショーン・オヘア、ブライス・モルダー、S・J・パク(韓国)の4人がスコアを伸ばせない中、17位タイからスタートしたケビン・キスナーが7バーディ、1ボギーの64と6つ伸ばし、通算13アンダーの首位に立って先にホールアウト。

 12位タイから出たロバート・ストレブは、9番で壊したパターをサンドウェッジで代用し、バックナインで5バーディを奪うなど7バーディ、2ボギーの65で回り、通算13アンダーでキスナーに並んだ。

 さらに5位タイスタートのダニー・リーとデビッド・ハーン(カナダ)の二人も67と3つ伸ばして通算13アンダーに並び、4人によるプレーオフに突入した。

 18番パー3で行われた1ホール目。ストレブとキスナーはティショットをグリーン奥に外して脱落。リーとハーンはバーディチャンスにつけ、リーが先にバーディパットを沈めるとハーンも入れ返す。

 17番パー5で行われた2ホール目。両者ともにティショットを左に曲げたものの、リーは3オンに成功。一方のハーンは2打目をバンカーの土手に打ち込むと5オン1パットのボギーをたたき、確実にパーパットを沈めたリーのツアー初優勝が決まった。

 バッバ・ワトソンは1イーグル、4バーディ、1ボギー、1ダブルボギーの67と3つスコアを伸ばし、通算10アンダーの13位タイ。タイガー・ウッズも3バーディ、ノーボギーの67で回り、通算7アンダーの32位タイで大会を終えた。

 75位タイから上位を目指した石川遼。出だし1番をボギーとしたものの、前半は2バーディ、2ボギーのイーブン。後半も16番までパーを重ね、17番で3パットのボギーをたたいたが、最終18番のバーディで70でホールアウト。通算イーブンパーとスコアを伸ばせず、76位に終わった。

このラウンドのニュース

このトーナメントのニュース

関連ニュース

関連フォトギャラリー

Pargolf Members

すでに会員の方はこちら

最新トピックス


アクセスランキング

トーナメントプロ公式サイト・ブログ