トラベラーズ選手権

米国男子

B・ハーマンが単独首位に浮上、B・ワトソンは1打差の2位タイに後退

バッバ・ワトソンとのレフティ対決で最終日を迎えるブライアン・ハーマン トラベラーズ選手権(2015)(3日目) 写真・Getty Images
バッバ・ワトソンとのレフティ対決で最終日を迎えるブライアン・ハーマン トラベラーズ選手権(2015)(3日目) 写真・Getty Images

リーダーズボード

トラベラーズ選手権(6月25日~28日、米国コネティカット州・TPCリバーハイランズ、6841ヤード、パー70)

 現地時間27日に行われた大会3日目。バッバ・ワトソンが通算13アンダーの2位タイに後退すると、2位タイから出た同じレフティのブライアン・ハーマンが5つ伸ばして通算14アンダーの単独首位に浮上。ツアー通算2勝目に王手をかけた。

 2位タイのブライアン・ハーマンが5バーディ、ノーボギーで回り、2日連続で65をマークして、通算14アンダーの単独首位に浮上。昨年のジョンディアクラシックに次ぐツアー通算2勝目に王手をかけた。

 8位タイスタートのグラハム・デラート(カナダ)が1イーグル、5バーディ、1ボギーの64をマークし、6つスコアを伸ばして通算13アンダーの2位タイに浮上。首位に1打差から逆転優勝を目指す。

 単独首位からスタートしたバッバ・ワトソンは、3バーディ、1ボギーの68と二つスコアを伸ばしたが、通算13アンダーの2位タイに後退。同じレフティのワトソンとハーマン、そしてツアー初優勝を狙うデラートの3人が最終日最終組を1打差で迎える。

 通算11アンダーの4位タイに今季2勝目を狙うブラント・スネデカー、昨年の現代トーナメント・オブ・チャンピオンズ以来の通算12勝目を目指すザック・ジョンソン、そして欧州ツアー13勝を誇るポール・ケイシー(英国)の強豪が顔を並べた。

 セルジオ・ガルシア(スペイン)は通算9アンダーの8位タイ。昨年のフェデックスカップ年間王者となったビリー・ホーシェルが通算8アンダーの15位タイにつけている。

このトーナメントのニュース

関連ニュース

関連フォトギャラリー

Pargolf Members

すでに会員の方はこちら

最新トピックス


アクセスランキング

トーナメントプロ公式サイト・ブログ