フェデックスセントジュードクラシック

米国男子

初優勝を目指すG・オーウェンとF・ゴメスが首位タイで最終日最終組対決へ

首位タイで迎える最終日にツアー初優勝を目指すアルゼンチン出身のファビアン・ゴメス フェデックスセントジュードクラシック(2015)(3日目) 写真・Getty Images
首位タイで迎える最終日にツアー初優勝を目指すアルゼンチン出身のファビアン・ゴメス フェデックスセントジュードクラシック(2015)(3日目) 写真・Getty Images

リーダーズボード

フェデックスセントジュードクラシック(6月11日~14日、米国テネシー州・TPCサウスウインド、7239ヤード、パー70)

 現地時間13日に行われた大会3日目。グレッグ・オーウェン(英国)とファビアン・ゴメス(アルゼンチン)が通算9アンダーで並んで首位タイ。通算8アンダーの3位タイにブルックス・コプカとスコット・ブラウンの二人が並んだ。

 初日の首位タイから2日目は4位タイに後退したグレッグ・オーウェンが、4バーディ、1ボギーの67で回り、3つスコアを伸ばして通算9アンダーで再び首位タイに浮上。同じく4位タイからスタートしたファビアン・ゴメスも6バーディ、3ボギーの67と3つ伸ばし、通算9アンダーの首位タイ。プロ23年目、43歳のオーウェンと13年目で36歳のゴメスが、最終日最終組で米ツアー初優勝を目指す。

 単独首位でスタートしたブルックス・コプカは、1イーグル、1バーディ、4ボギーの71と一つスコアを落として、通算8アンダーの3位タイに後退。4位タイから出たスコット・ブラウンが5バーディ、3ボギーの68で回り、同じく通算8アンダーの3位タイに浮上。最終日は逆転で、コプカは今季2勝目、ブラウンは2年ぶりのツアー2勝目を狙う。

 22位タイから出たフィル・ミケルソンは、4バーディ、2ボギー、1ダブルボギーの70とスコアは伸ばせなかったものの、通算3アンダーの19位タイに浮上。

 ディフェンディングチャンピオンのベン・クレインは、2バーディ、4ボギー、1ダブルボギーの74とスコアを落とし、通算イーブンパーの47位タイに沈み、大会連覇は厳しくなった。

このトーナメントのニュース

関連ニュース

関連フォトギャラリー

Pargolf Members

すでに会員の方はこちら

最新トピックス


アクセスランキング