AT&Tバイロン・ネルソン選手権

米国男子

S・バウディッチが逃げ切って完全優勝!

2位に4打差をつけ、完全優勝でツアー2勝目を挙げたスティーブン・バウディッチ AT&Tバイロン・ネルソン選手権(2015)(最終日) 写真・Getty Images
2位に4打差をつけ、完全優勝でツアー2勝目を挙げたスティーブン・バウディッチ AT&Tバイロン・ネルソン選手権(2015)(最終日) 写真・Getty Images
AT&Tバイロン・ネルソン選手権(5月28日~31日、米国テキサス州・TPCフォーシーズンズリゾート・ラス・コリナス、7166ヤード、パー70)

 現地時間30日に行われた大会最終日。初日から首位を守ったスティーブン・バウディッチ(オーストラリア)が通算18アンダーで逃げ切り、今季初優勝。ツアー2勝目を挙げた。通算14アンダーの2位にはジミーウォーカー、チャーリー・ホフマン、スコット・ピンクニーの3人。ジョーダン・スピースは通算7アンダーの30位タイに終わった。

 2日目から14番パー4をパー3に変更したまま、トータルパー69で行われた最終日。2位に2打差の単独首位でスタートしたスティーブン・バウディッチは、1番でバーディが先行、3番、5番をボギーとしたものの、続く6番のバーディでイーブンに戻し、8番で一つ伸ばして前半を終え、首位をキープしたままバックナインへ。

 11番、12番の連続バーディで2位との差を広げると、さらに16番、17番でも連続バーディを奪い、7バーディ、2ボギーの64をマーク。通算18アンダーで2位に4打差をつけて逃げ切り、今季初優勝。昨年のバレロテキサスオープンに次ぐ、ツアー通算2勝目を完全優勝で飾った。

 地元テキサスを本拠地とするジミーウォーカーは、ショートパットに苦戦し、1イーグル、3バーディ、2ボギーの66。3つスコアを伸ばしたものの、通算14アンダーの2位タイに終わった。

 7位スタートから65をマークしたチャーリー・ホフマン、2位タイから初優勝を目指したスコット・ピンクニーも通算14アンダーの2位タイ。この日63のベストスコアタイをマークしたザック・ジョンソンが通算13アンダーの5位に入った。

 また、地元テキサス出身のジョーダン・スピースは、3バーディ、3ボギーの69と伸ばせず、通算7アンダーの30位タイ。今季のテキサスシリーズはこの大会で終了したため、目標の地元優勝は来季に持ち越された。

このトーナメントのニュース

関連ニュース

関連フォトギャラリー

Pargolf Members

すでに会員の方はこちら

最新トピックス


アクセスランキング

トーナメントプロ公式サイト・ブログ