AT&Tバイロン・ネルソン選手権

米国男子

2日目は日没サスペンデッド! J・スピースが3打差の暫定11位タイに浮上

首位に3打差の通算6アンダーで暫定11位タイに浮上したジョーダン・スピース AT&Tバイロン・ネルソン選手権(2015)(2日目) 写真・Getty Images
首位に3打差の通算6アンダーで暫定11位タイに浮上したジョーダン・スピース AT&Tバイロン・ネルソン選手権(2015)(2日目) 写真・Getty Images

リーダーズボード

AT&Tバイロン・ネルソン選手権(5月28日~31日、米国テキサス州・TPCフォーシーズンズリゾート・ラス・コリナス、7166ヤード、パー70)

 現地時間29日に行われた大会2日目。悪天候の影響でスタートが大幅に遅れ、全選手がホールアウトできずに日没サスペンデッドとなった。暫定首位は通算9アンダーのスティーブン・バウディッチ(オーストラリア)、ジミーウォーカー、ジョン・カランの3人。地元優勝を狙うジョーダン・スピースは64で回り、首位に3打差の通算6アンダーで暫定11位タイに浮上した。

 コースコンディションの悪化により14番をパー4からパー3に変更し、トータルパー69で行われた第2ラウンド。悪天候によるスタートの遅れで、33名がホールアウトできずに日没サスペンデッド。残りは現地時間で明日の午前8時から再開される。

 1アンダー33位タイのジョーダン・スピースは、インスタート13番までパーをセーブすると、14番でバーディが先行。15番ボギーのあと18番のバーディで前半を一つ伸ばすと、後半は2番、3番の連続バーディで流れに乗り、6番のボギーをはさんで上がりを3連続バーディでフィニッシュ。7バーディ、2ボギーの64をマークして通算6アンダーの暫定11位タイに浮上した。

 単独首位で出たスティーブン・バウディッチは、7バーディ、6ボギーの68で回り、一つ伸ばして通算9アンダーで暫定首位をキープ。2位スタートのジミーウォーカーも5バーディ、2ボギーの66と3つ伸ばし、通算9アンダーの暫定首位タイ。

 また、ツアー初優勝を目指すジョン・カランが8バーディ、2ボギーの63をマーク、6つスコアを伸ばして通算9アンダーで8位タイから暫定首位タイに浮上した。

 ディフェンディングチャンピオンのブレンドン・トッドは4バーディ、3ボギーの68で回り、一つ伸ばしたものの、初日2オーバーの出遅れが響き、通算1オーバーの暫定99位タイで、予選通過が難しくなった。

このトーナメントのニュース

関連ニュース

関連フォトギャラリー

Pargolf Members

すでに会員の方はこちら

最新トピックス


アクセスランキング

トーナメントプロ公式サイト・ブログ