WGC-キャデラックマッチプレー選手権

米国男子

松山英樹「パッティングがこれだけ決まると楽にプレーできる」

ショットは少し苦戦したものの好調なパッティングで初戦勝利を挙げた松山英樹 WGC-キャデラックマッチプレー選手権(2015)(1日目) 写真・Getty Images
ショットは少し苦戦したものの好調なパッティングで初戦勝利を挙げた松山英樹 WGC-キャデラックマッチプレー選手権(2015)(1日目) 写真・Getty Images
WGC-キャデラックマッチプレー選手権(4月29日~5月3日、米国カリフォルニア州・TPCハーディングパーク、7127ヤード、パー71)

 世界ランキング16位の松山英樹はシード選手としてグループ16で予選ラウンドをプレー。初日はアレクサンダー・レビー(同54位)と対戦し、前半を2アップで折り返すと、11番からは3連続バーディを奪ってレビーを突き放し、5&4で順当に勝利した。

「パッティングがこれだけ決まると楽にプレーできる。しばらくこういういいパッティングができていなかったんで、それはすごく自信にもなる。でもまあ、1日だけなんで。このパッティングがどうなるか分からないけど、しっかりと続けていけるように頑張りたい」

 1番のバーディパットを沈めて流れに乗り、後半の11番から3連続バーディで勝負を決めた。

「後半も入れたいところでぜんぶ決められた。そこら辺でちょっとパットがよくなって来ているのかなと思う。それでも、もっと接戦になったときにどういう風になるか分からない。そこは明日から楽しみです」

 ティショットは安定性に欠けていた。

「ドライバーに関してはぜんぜんよくなかったですけど、アイアンもいいところもあればぜんぜんダメなところもある。そこはもっともっと練習してやっていけたらいいです」

 シード選手として予選グループはランキング下位の選手と戦う。

「ぜんぜん気にしていない。今日だって上位の人で負けている人もいるし、ここに出る人は力に大差はない。その日の調子次第だと思います」

 明日は、この日ケビン・ナを下したオランダ出身のユースト・ルイテン(ランキング44位)と戦う。これに勝てば決勝ラウンド進出が見えてくる。

このラウンドのニュース

このトーナメントのニュース

関連ニュース

関連フォトギャラリー

Pargolf Members

すでに会員の方はこちら

最新トピックス


アクセスランキング