チューリヒクラシック・オブ・ニューオーリンズ

米国男子

3日連続サスペンデッド! 石川遼は暫定16位タイに浮上

第3ラウンドのハーフまで終えて首位に4打差の暫定16位タイに浮上した石川遼 チューリヒクラシック・オブ・ニューオーリンズ(2015)(3日目) 写真・Getty Images
第3ラウンドのハーフまで終えて首位に4打差の暫定16位タイに浮上した石川遼 チューリヒクラシック・オブ・ニューオーリンズ(2015)(3日目) 写真・Getty Images
チューリヒクラシック・オブ・ニューオーリンズ(4月23日~26日、米国ルイジアナ州・TPCルイジアナ、7425ヤード、パー72)

 現地時間25日。悪天候の影響で大会は3日連続のサスペンデッドとなった。石川遼は前半を終え、通算9アンダーの暫定16位タイに浮上している。暫定首位はジェイソン・デイ(オーストラリア)とエリック・コンプトンの通算13アンダー。

 大会3日目は、早朝に第2ラウンドが再開され、通算5アンダー49位タイまでの71選手が予選を通過。続けて決勝ラウンドが行われたが、またも悪天候による長い中断の影響で全選手がホールアウトできず、3日連続のサスペンデッドとなった。

 石川遼は7アンダーの23位タイで決勝ラウンドをスタート。5番までパーを重ね、6番で4.5メートルを沈めてバーディが先行すると、続く7番パー5ではティショットを右のフェアウエーバンカーに入れたものの、2打目をグリーン手前まで運び、ピン3メートルにつけ、これを沈めて連続バーデイ。9番まで終えて二つ伸ばし、通算9アンダーの暫定16位タイに浮上した。

 第2ラウンドを終えて通算12アンダーの単独首位に立ったジェイソン・デイが、3番までプレーを終え、1バーディを奪い、通算13アンダーで首位をキープ。

 13位タイからスタートしたエリック・コンプトンが1番、2番と4番、5番を連続バーディで4つ伸ばし、6番を終えて通算13アンダーで首位に並んでいる。

 第3ラウンドの残りは明日の7時30分から再開される。

このラウンドのニュース

このトーナメントのニュース

関連ニュース

関連フォトギャラリー

Pargolf Members

すでに会員の方はこちら

最新トピックス


アクセスランキング

トーナメントプロ公式サイト・ブログ