チューリヒクラシック・オブ・ニューオーリンズ

米国男子

石川遼「まだワンチャンスある」

パットの調子が今ひとつだったものの、ハーフで二つスコアを伸ばした石川遼 チューリヒクラシック・オブ・ニューオーリンズ(2015)(3日目) 写真・Getty Images
パットの調子が今ひとつだったものの、ハーフで二つスコアを伸ばした石川遼 チューリヒクラシック・オブ・ニューオーリンズ(2015)(3日目) 写真・Getty Images
チューリヒクラシック・オブ・ニューオーリンズ(4月23日~26日、米国ルイジアナ州・TPCルイジアナ、7425ヤード、パー72)

 7アンダーの23位タイで決勝ラウンドに進んだ石川遼。この日は11時40分にスタートしたものの、悪天候の影響で2ホールを終えた時点で長い中断となった。再開後の6番、7番で連続バーディを奪い、9番を終えて日没サスペンデッド。通算9アンダーで首位に4打差の暫定16位タイに浮上した。

「パットの調子があまりよくなくて、(ハーフで)終わってよかった(笑)。昨日の方がもうちょっとフィーリングがよく、第3ラウンドを半分しかやらなかったってことで、明日のスタートまでに修正してやれればいいなと思う。自分にとってはよかったです」

 1番、2番で2メートルのバーディチャンスを決めきれなかった。

「パットは全体なんで、ストロークがよくても読みが違えばミスになる。自分でいいパットを打ったつもりが、弱くてちょっときれたりとか。最後のパットもそうなんですけど、自分が思ったより重くて左にたれたりとか。それでもショットがこれだけいいので、ボギーたたく感じがあまりなかったです」

 2番を終えてから長い中断となり、再開したのは午後6時。

「中断中は大変でした。ずっとストレッチして腰とかかなり気を使って、いつでもできるという身体の準備はしてた。パー3からのスタートで、いいショットが出たので準備してた甲斐はありました」

 首位とは4打差で明日は27ホールの長丁場となる。

「ま~あ、トップは遠いと思います。でも明日第3ラウンドの9ホールで、3つ4つ伸ばすとチャンスはある。まだワンチャンスあると思います」

このラウンドのニュース

このトーナメントのニュース

関連ニュース

関連フォトギャラリー

Pargolf Members

すでに会員の方はこちら

最新トピックス


アクセスランキング

トーナメントプロ公式サイト・ブログ