チューリヒクラシック・オブ・ニューオーリンズ

米国男子

石川遼「まだ優勝争いには間に合う」

アイアンに課題を残したが、6バーディに満足の石川遼 チューリヒクラシック・オブ・ニューオーリンズ(2015)(1日目) 写真・Getty Images
アイアンに課題を残したが、6バーディに満足の石川遼 チューリヒクラシック・オブ・ニューオーリンズ(2015)(1日目) 写真・Getty Images
チューリヒクラシック・オブ・ニューオーリンズ(4月23日~26日、米国ルイジアナ州・TPCルイジアナ、7425ヤード、パー72)

 インスタートの石川遼は、出だし11番でバーディが先行。14番、16番とバーディを奪い、3アンダーで迎えた17番パー3で池に入れて痛恨のダブルボギー。後半も1番、3番をバーディとしたが、5番、6番で連続ボギーをたたくなどスコアを伸ばしきれず、6バーディ、2ボギー、1ダブルボギーの70でホールアウト。2アンダーの暫定50位タイで初日を終えた。

「バーディが出やすいコースとはいえ、6個バーディが取れるというのは(まずは)全体的にティショットがよかったこと。アイアンはよくなかったけど、それなりにチャンスにはついてたり、パー5で2オンできたし、パッティングも決まってこないとバーディは取れない。全体的にはよくなってきている」

 17番パー3でティショットを池に入れるなど、アイアンに課題が残った。

「9番、17番の難しい長いパー3、17番で池に入れたのは難しい。アイアンを少し直せればというか、これからの課題はアイアンとドライバーの連動性。ドライバーは最後までいい感じで振れてたので、明日も続けたい」

 バーディを奪ったあとの17番のダブルボギー、5番、6番の連続ボギーでスコアを伸ばしきれなかった。

「17番のボギーパット、6番のパーパットは2メートル弱。17番は難しいパットだったけど、6番は入らないのが信じられないいいパットだった。精神的に引きずることはないし、発奮材料にしてすぐに取り返すという気持が大事。その後どうやってつなげていくかです」

 初日のアンダーパーを2日目以降も続けて上位を狙う。

「8アンダーがトップで6打差。ギリギリまだ優勝争いには間に合う順位かな。まだまだ諦めないし、むしろ自分にとっていいスタート。明日終わっても5打、6打差以内にいられるように頑張りたい」

このラウンドのニュース

このトーナメントのニュース

関連ニュース

関連フォトギャラリー

Pargolf Members

すでに会員の方はこちら

最新トピックス


アクセスランキング

トーナメントプロ公式サイト・ブログ