シェルヒューストンオープン

米国男子

石川遼は2打及ばずに予選落ち、P・ミケルソンが2位に浮上

2日連続71とアンダーパーで回ったものの、2打及ばずに予選落ちとなった石川遼 シェルヒューストンオープン(2015)(2日目) 写真・Getty Images
2日連続71とアンダーパーで回ったものの、2打及ばずに予選落ちとなった石川遼 シェルヒューストンオープン(2015)(2日目) 写真・Getty Images

リーダーズボード

シェルヒューストンオープン(4月2日~5日、米国テキサス州・GC・オブ・ヒューストン、7457ヤード、パー72)

 現地時間3日。大会2日目が行われ、通算4アンダーの71選手が決勝ラウンドへ進んだ。石川遼は71で回り、通算2アンダーの87位タイで予選落ちとなった。首位はアンドリュー・パットナムの通算12アンダー。

 マスターズへ最後のチャンス、今大会での優勝を狙う石川遼は、1アンダーの65位タイからスタート。5番まではパーを重ね、6番パー4で2打目をグリーン左奥に外すと、アプローチも寄らずボギーが先行。しかし、8番のロングで3打目を1メートルに寄せてバーディを奪って前半をイーブンで折り返した。

 後半は10番パー4で50センチに2オンしてバーディ。続く12番も3メートルを沈めて連続バーディを奪い流れに乗ったが、16番パー3で3パットをたたき痛恨のボギー。3バーディ、2ボギーの71で一つ伸ばしたが、通算2アンダーで2打及ばす、決勝ラウンドに進めなかった。

 8位タイからスタートしたアンドリュー・パットナムが7バーディ、ノーボギーの65をマークして、通算12アンダーの単独首位に浮上。4位タイのフィル・ミケルソンが7バーディ、2ボギーの67で回り、首位に1打差の通算11アンダーで2位タイにつけている。

 初日28位タイのジョーダン・スピースが前半を8番のバーディで一つ伸ばすと後半に爆発。10番、11番を連続バーディとすると、13番、15番、さらに18番と5バーディを奪い、トータル6バーディ、ノーボギーの66をマーク、通算9アンダーの6位タイに浮上した。

 ディフェンディングチャンピオンのマット・ジョーンズ(オーストラリア)は72と伸ばせず、通算イーブンパーで予選落ちとなった。

このラウンドのニュース

このトーナメントのニュース

関連ニュース

関連フォトギャラリー

Pargolf Members

すでに会員の方はこちら

最新トピックス


アクセスランキング

トーナメントプロ公式サイト・ブログ