アーノルド・パーマーインビテーショナル

米国男子

石川遼が17位タイに浮上、松山英樹は53位タイ

16番イーグルのあと17番、18番で連続ボギーをたたき53位タイで終えた松山英樹 アーノルド・パーマーインビテーショナル(2015)(3日目) 写真・Getty Images
16番イーグルのあと17番、18番で連続ボギーをたたき53位タイで終えた松山英樹 アーノルド・パーマーインビテーショナル(2015)(3日目) 写真・Getty Images
アーノルド・パーマーインビテーショナル(3月19日~22日、米国フロリダ州・ベイヒルC&ロッジ、7381ヤード、パー72

 現地時間21日に行われた大会3日目。69で回った石川遼が通算8アンダーの17位タイに浮上し、松山英樹は通算4アンダーの53位タイと二つ順位を上げた。単独首位は通算16アンダーのヘンリク・ステンソン(スウェーデン)。

 23位タイからスタートした石川遼は、4番、6番のロングホールをバーディでスコアを伸ばすと、8番パー4でセカンドを80センチにつけ、続く9番では5メートルを沈めて連続バーディ。前半は4つ伸ばして通算9アンダーで折り返した。

 後半に入ると流れが変わり、13番までパーを重ねると14番で3パットのボギー。16番のバーディをはさんで、最終18番では1.5メートルのパーパットを外して二つ目のボギーをたたき、5バーディ、2ボギーの69。通算8アンダーの17位タイに浮上したが、「最後はもったいなかった。(後半は)チャンスを決めきれなかった」(石川)と悔しがった。

 昨日に続き、出だしの1番をボギーでスタート松山英樹。4番、6番のパー5でバーディを奪うと、9番では5メートルのバーディパットを沈め、前半で二つ伸ばした。

 後半に入り、15番までパーを重ねたあと、16番パー5ではセカンドショットをピン右2.5メートルに乗せてイーグル奪取。通算6アンダーまで伸ばしたが、続く17番パー3でティショットをグリーンオーバー、18番では3パットで連続ボギーをたたき、1イーグル、3バーディ、3ボギーの70。通算4アンダーの53位タイで3日目を終えた。

 2位スタートのヘンリク・ステンソンが1イーグル、4バーディ、ノーボギーの66で回り、通算16アンダーの単独首位に浮上。2日目まで首位を守ったモーガン・ホッフマンだったが、この日は71と一つ伸ばしただけで、通算14アンダーの2位に後退した。

 ディフェンディングチャンピオンのマット・エブリーは、69で回って通算13アンダー。ジェイソン・コクラック、ベン・マーティン、マット・ジョーンズ(オーストラリア)と並んで3位タイ。

 6位タイからスタートしたロリー・マキロイ(北アイルランド)は、通算9アンダーの12位タイに後退。40位タイのアダム・スコット(オーストラリア)は、通算6アンダーの29位タイに浮上した。

このトーナメントのニュース

関連ニュース

関連フォトギャラリー

Pargolf Members

すでに会員の方はこちら

最新トピックス


アクセスランキング

トーナメントプロ公式サイト・ブログ