プエルトリコオープン

米国男子

石川遼「後半の9ホールは満足です!」

上がり3ホールを3連続バーディで終え、次戦につながるプレーを見せた石川遼 プエルトリコオープン(2015)(最終日) 写真・Getty Images
上がり3ホールを3連続バーディで終え、次戦につながるプレーを見せた石川遼 プエルトリコオープン(2015)(最終日) 写真・Getty Images
プエルトリコオープン(3月5日~8日、プエルトリコ・トランプインターナショナルGC、7569ヤード、パー72)

 大会最終日の石川遼は、6バーディ、3ボギー、1ダブルボギーの71で回り、通算4オーバーの73位タイで終えた。前半は2バーディ、3ボギーと伸ばせなかったが、後半は13番で池に入れてダブルボギーとしたものの、上がり3ホールで連続バーディを奪うなど、次週に向けて手応えを感じさせるプレーを見せた。

「毎ホールバーディを目指してやっていこうと思っていましたが、なかなか難しい一日でした。ショットがコントロールされてない状態の中で、ミスがポロッと出てきたりという感じだった。それでも後半は、13番(セカンドで池に入れた)以外ほとんどミスショットはなく、来週につながるプレーができました」

 前半は初日から引き続きショットに苦戦。

「先週はいいものができていたのに、小さなミスの積み重ねで最初の3日間と今日の前半5ホールは自信を持ってプレーできなくなっていた。クラブでボールをたたいてるだけ、どこに届くかボールに聞いてくれみたいな感じがありました」

 転機となったのは6番パー3のティショット。

「左からのアゲインスト。低いドローで風に負けない感じで打っていく自信のあるアイアンショット。ボールをコントロールするという姿勢が伝わるショットだったので、そこから切り替えられ、内容的にすごいよくなってきた。後半の9ホールは満足です!」

 16番からは3連続バーディでフィニッシュした。

「16番は完璧、今週で一番いいパットだった。狙ったところに狙ったタッチで打って入ってくれた。打ち方、方向性、距離感、ラインの読みがピッタリ合ったパット。先週はああいうパットがほとんどできてたけど、今週は4日間であのパットだけ(笑)。まあそれからは17番も狙ったところにいいパットができたし、グリーン上でも少しよくなってきたかなという感じです」

 来週は一年のなかでも非常に楽しみだというコース。

「今週とはタイプ的に違うコース。ほんとにボールをしっかりコントロールしていくのが重要になるコースなので、最後の3ホールは多少イメージしながらプレーしました。成績はちょっと情けないけど、いい感じ終われたので来週は、予選ラウンドから頑張りたいです」

このラウンドのニュース

このトーナメントのニュース

関連ニュース

関連フォトギャラリー

Pargolf Members

すでに会員の方はこちら

最新トピックス


アクセスランキング