プエルトリコオープン

米国男子

石川遼、後半崩れて74位タイに後退

この日は7ボギーをたたくなど、スコアを伸ばせずに74位タイに後退した石川遼 プエルトリコオープン(2015)(3日目) 写真・Getty Images
この日は7ボギーをたたくなど、スコアを伸ばせずに74位タイに後退した石川遼 プエルトリコオープン(2015)(3日目) 写真・Getty Images
プエルトリコオープン(3月5日~8日、プエルトリコ・トランプインターナショナルGC、7569ヤード、パー72)

 現地時間7日に行われた大会3日目。石川遼は1イーグル、2バーディ、7ボギーの75とスコアを落とし、通算5オーバーの74位タイに後退した。67をマークしたスコット・ブラウンが、通算6アンダーでクリス・スミスと並んで首位タイに浮上している。

 2オーバーの57位タイからビッグスコアで上位を目指した石川遼。1番を3日連続のボギーとしたが、2番で初日に続きイーグル奪取。序盤はまずまずのスタートだったが、そのあとはなかなかバーディが取れず、6番のボギーで前半はイーブン。後半に入ると、10番、11番で連続ボギー、さらに13番、14番も連続ボギーと崩れ、15番、16番で連続バーディを奪ったものの、最終18番でこの日7つ目のボギーをたたき75。3つスコアを落として、通算5オーバーの74位タイに後退した。

 21位タイからスタートしたスコット・ブラウンが5バーディ、ノーボギーの67をマークして、通算6アンダーの首位に浮上。68で回ったクリス・スミスも同じく通算6アンダーの首位に並んでいる。

 単独首位で出たアレックス・チェイカ(ドイツ)は、終盤の15番から2ボギー、1ダブルボギーと崩れて75。通算4アンダーの5位タイに後退。

 2日目に4位タイまで浮上したディフェンディングチャンピオンのチェッソン・ハドリーは、76と崩れて通算1オーバーの48位タイに大きく後退してる。

このラウンドのニュース

このトーナメントのニュース

関連ニュース

関連フォトギャラリー

Pargolf Members

すでに会員の方はこちら

最新トピックス


アクセスランキング