プエルトリコオープン

米国男子

石川遼「ボールがうまく転がってくれない」

決勝ラウンドのビッグスコアで上位進出を目指す石川遼 プエルトリコオープン(2015)(2日目) 写真・Getty Images
決勝ラウンドのビッグスコアで上位進出を目指す石川遼 プエルトリコオープン(2015)(2日目) 写真・Getty Images

リーダーズボード

プエルトリコオープン(3月5日~8日、プエルトリコ・トランプインターナショナルGC、7569ヤード、パー72)

 石川遼は3バーディ、3ボギーの72で回り、通算2オーバーの57位タイ。先週に続いて予選通過を果たした。

 初日は2番でイーグルを奪ったものの、ノーバーディに終わり不満を見せた石川。この日もボギーが先行するが、そのまま崩れず、すぐにバーディで取り戻す展開が続く、我慢のゴルフとなった。結局3バーディ、3ボギーの72で回り、スコアを伸ばせなかったものの内容は悪くなかったという。

「昨日よりも風が弱かったのに、結果自体はそんなによくなかったです。近いチャンスも入らずに、バーディが取れない展開で苦しかった。1アンダー、2アンダーで回れた内容だったんですが」

 伸ばせなかった原因はグリーン上にあった。

「パットに悩まされました。思ったとおり打ててません。ボールがうまく転がってくれない。打つ前から“どうなんだろ、これ、狙ったとこにちゃんと打ってもラインに乗るのかどうか分からない”と、半信半疑で打たされることが多かったです」

 と自信喪失気味。それでもショットには手応えをつかんだ様子。

「ショットはよくなってきている。風が強かったけど、11、12、13番の横風には、うまく対応できました。後半のタフなホール、14番でボギーをたたいたけど、15番のバーディで取り戻せたのは大きかったです」

 目標はあくまでも優勝、予選通過で満足はしていない。

「(明日以降は)ドライバーとパッティングかなと思う。グリーン上は……、先週入ってたものが全然入らない。グリーンの違いに全然対応しきれてない。それでもしっかり合わせていって土日とビッグスコアを出せば、まだチャンスはある」

  首位とは9打差で迎える決勝ラウンド。先週の試合では第2ラウンドで65をマークして、102位から一気に10位へジャンプアップ。今大会でもその再現ができるか、期待を込めて見守りたい。

このラウンドのニュース

このトーナメントのニュース

関連ニュース

関連フォトギャラリー

Pargolf Members

すでに会員の方はこちら

最新トピックス


アクセスランキング