プエルトリコオープン

米国男子

石川遼が2オーバーの63位タイ、今田竜二は7オーバー121位タイと出遅れる

初日2オーバーの63位タイから巻き返しを狙う石川遼 プエルトリコオープン(2015)(1日目) 写真・Getty Images
初日2オーバーの63位タイから巻き返しを狙う石川遼 プエルトリコオープン(2015)(1日目) 写真・Getty Images
プエルトリコオープン(3月5日~8日、プエルトリコ・トランプインターナショナルGC、7569ヤード、パー72)

 現地時間5日。プエルトリコオープンが開幕。日本人選手は石川遼と今田竜二が出場し、初日の石川は2オーバーの63位タイ、今田は7オーバーと崩れ、121位タイと出遅れている。

 同じ週に世界ランキング上位の選手などが出場するWGC-キャデラック選手権が行われるため、裏開催となり、石川遼を始め、ツアー初優勝を目指す選手にはチャンスとなる大会。

 2012年大会は優勝争いの結果2位、13年ではホールインワンを達成。昨年も19位タイに入るなど相性のいい石川。初日はインからスタートし、13番でボギーが先行、17番もボギーで前半を2オーバー終えると、後半の出だし1番でもボギー。続く2番パー5でイーグルを奪ったが、4番で4つ目のボギーをたたいて74。先週5試合ぶりの予選通過を果たし、期待されたが、2オーバーの63位タイで初日を終えた。

 今季3戦目、これまで2戦連続で予選落ちの今田竜二。インスタートの10番でボギーをたたくと前半3ボギー、後半は2番でダブルボギーをたたき、さらに8番、9番を連続ボギーで終え、ノーバーディのラウンドで79。7オーバーと崩れて121位タイと大きく出遅れた。

 マーク・ハバードが6バーディ、2ボギーの68で回り、4アンダーの単独首位。ビリー・メイフェア、クリス・スミス、エミリアノ・グリロ(アルゼンチン)の3人が3アンダーの3位タイに並んでいる。

このラウンドのニュース

このトーナメントのニュース

関連ニュース

関連フォトギャラリー

Pargolf Members

すでに会員の方はこちら

最新トピックス


アクセスランキング