プエルトリコオープン

米国男子

石川遼「しまりのないゴルフでした」

ドライバーショットには手応えをつかんだもののグリーンに苦戦した石川遼 プエルトリコオープン(2015)(1日目) 写真・Getty Images
ドライバーショットには手応えをつかんだもののグリーンに苦戦した石川遼 プエルトリコオープン(2015)(1日目) 写真・Getty Images
プエルトリコオープン(3月5日~8日、プエルトリコ・トランプインターナショナルGC、7569ヤード、パー72)

 先週、5試合ぶりに予選通過を果たした石川遼。今大会も予選を突破し、上位でフィニッシュすることでいい流れを作りたかったが、芝目の強いグリーンに苦戦し、1イーグル、4ボギーの74。初日は2オーバーの63位タイでのスタートとなった。

「しまりのないゴルフでした。先週はグリーンがかなり綺麗だったので、まあまあいいパッティングをしてれば入った。今週は芝目がかなり強いので、結構完璧なパッティングを続けていっても途中でけられたり、スパイクマークや芝目でけられたりと。それでスコアがあまり伸びなかったです」

 強い風の影響よりも自分のミスでボギーを重ねた。

「風は今大会に出場した中では一番強かった。気候も違って、こんなにジメジメしてないプエルトリコは初めて。ショットは風以前の問題で、風をしっかり利用して打てたショットもあったし、ミスショットも風ではなく自分のせいで悪いところにいってるのが多かったです」

 課題のドライバーショットは手応えをつかめた。

「最後のほうはドライバーはすごいよくなってきました。先週は最悪でしたが、ボールにいいスピンがかかるようになってきて、サイドスピンもかからない球が打てるようになってきました」

 2番パー5ではアプローチを直接入れてイーグル奪取。

「ピンに対してすごいアゲインストのアプローチ。ボールに対してなびいてきてる。落としどころと球の高さだけを合わせ、イメージどおりに打てました。いいアプローチ、入ってくれたのはラッキーでした」

 予選通過のために、明日は伸ばしたい。

「後半のティショットが打てれば楽にできる。イーグルはあったけど、バーディがゼロなので やっぱり4つは取りたい。明日はトータルアンダーパーを目指していきます」

このラウンドのニュース

このトーナメントのニュース

関連ニュース

関連フォトギャラリー

Pargolf Members

すでに会員の方はこちら

最新トピックス


アクセスランキング