ザ・ホンダクラシック

米国男子

P・ハリントンが7年ぶりの優勝! 石川遼は25位タイでフィニッシュ

全英オープン、全米プロとメジャー2勝を挙げた2008年以来の米ツアー勝利となったパドレグ・ハリントン ザ・ホンダクラシック(2015)(最終日) 写真・Getty Images
全英オープン、全米プロとメジャー2勝を挙げた2008年以来の米ツアー勝利となったパドレグ・ハリントン ザ・ホンダクラシック(2015)(最終日) 写真・Getty Images
ザ・ホンダクラシック(2月26日~3月1日、米国フロリダ州・PGAナショナルチャンピオンC、7158ヤード、パー70)

 現地時間3月2日の月曜日。日没サスペンデッドとなった最終ラウンドが再開。通算6アンダーで並んだダニエル・ベルガーとパドレグ・ハリントン(アイルランド)のプレーオフとなり、2ホール目で決着。ハリントンが2008年の全米プロ以来となる米ツアー6勝目を挙げた。

 第3ラウンド12位タイのダニエル・ベルガーが、前日、11番まで終えて、通算4アンダーの暫定4位タイに浮上し、この日は12番からプレーを再開。17番、18番を連続バーディでフィニッシュし、最終ラウンドのベストスコア64をマーク。通算6アンダーで先にホールアウト。

 パドレグ・ハリントンは7番を終え、3つ落として通算3アンダーの暫定9位からプレーを再開。バックナインに入って11番から4連続バーディを奪うなど巻き返し、トータル70。通算6アンダーでベルガーと並んでホールアウト。

 43歳のハリントンと21歳のベルガー。ベテランと若手によるプレーオフとなり、18番で行われた1ホール目はともにパー。2ホール目の17番パー3で決着し、バーディを奪ったハリントンがベルガーを下して今季初優勝。米ツアーでは2008年の全米プロ以来、7年ぶりの通算6勝目となった。

 通算7アンダーで首位に並んで中断を迎えたイアン・ポールター(英国)とポール・ケイシー(英国)は、再開後、ポールターは14番でトリプルボギーをたたくなど74とスコアを落とし、通算5アンダー。ケーシーもバックナインで2ボギーをたたき、ともに通算5アンダーの3位タイに終わった。

 また、石川遼は通算4オーバーで11番からプレーを再開。12番、13番で連続バーディ、15番でもバーディと順調に伸ばしたが、惜しくも16番をボギーとして71。通算2オーバーの25位タイで大会を終えた。

このラウンドのニュース

このトーナメントのニュース

関連ニュース

関連フォトギャラリー

Pargolf Members

すでに会員の方はこちら

最新トピックス


アクセスランキング

トーナメントプロ公式サイト・ブログ