ノーザントラストオープン

米国男子

松山英樹が26位タイで決勝ラウンドへ、石川遼は4戦連続予選落ち

この日もショットに苦しみながらも崩れずに耐え、暫定26位タイで予選通過を果たした松山英樹 ノーザントラストオープン(2015)(2日目) 写真・Getty Images
この日もショットに苦しみながらも崩れずに耐え、暫定26位タイで予選通過を果たした松山英樹 ノーザントラストオープン(2015)(2日目) 写真・Getty Images
ノーザントラストオープン(2月19日~22日、米国カリフォルニア州・リビエラCC、7298ヤード、パー71)

 現地時間20日に行われた大会2日目。初日に続き日没サスペンデッドとなったが、ホールアウトできなかったのは一人のみで順位にはほとんど影響はなく、松山英樹は通算イーブンパーの暫定26位タイで決勝ラウンドへ進出。石川遼は通算6オーバーの暫定103位タイで予選落ちとなった。

 1アンダーの17位タイから出た松山英樹。1番パー5でイーグルパットが惜しくも決まらずバーディでスタート。その後はショットに苦しみ、8番、9番で連続ボギーをたたいて前半を1オーバー。後半に入って10番のバーディで取り戻したが、流れは変えられずに14番のボギーで72。一つスコアを落として、通算イーブンパーの暫定26位タイで決勝ラウンドへ進んだ。

 一方、初日の6オーバーから予選突破に向けて大きくスコアを伸ばしたい石川遼。3番でバーディが先行すると、6番、7番の連続バーディなどで前半に二つ伸ばした。後半に入って11番のバーディで通算3オーバーまで巻き返し、予選通過が見えてきたが、続く12番でボギーをたたくと流れは戻らずに15番、18番のボギーで71。通算6オーバーの暫定103位タイで4戦連続の予選落ちとなった。

 初日6人が並んだ首位タイからレティーフ・グーセン(南アフリカ)が一歩抜け出し、通算6アンダーで単独首位に立った。

 この日のベストスコアタイ67をマークしたグラハム・デラート(カナダ)が通算5アンダーの暫定2位タイに浮上。

 ディフェンディングチャンピオンのバッバ・ワトソンも69で回り、通算3アンダーの暫定6位タイに浮上している。

このラウンドのニュース

このトーナメントのニュース

関連ニュース

関連フォトギャラリー

Pargolf Members

すでに会員の方はこちら

最新トピックス


アクセスランキング

トーナメントプロ公式サイト・ブログ