ノーザントラストオープン

米国男子

初日は松山英樹が暫定17位タイ、石川遼は暫定121位タイと出遅れる

ロストボールのトラブルが響き、6オーバーの暫定121位タイで初日を終えた石川遼 ノーザントラストオープン(2015)(1日目) 写真・Getty Images
ロストボールのトラブルが響き、6オーバーの暫定121位タイで初日を終えた石川遼 ノーザントラストオープン(2015)(1日目) 写真・Getty Images
ノーザントラストオープン(2月19日~22日、米国カリフォルニア州・リビエラCC、7298ヤード、パー71)

 現地時間19日に開催されたノーザントラストオープン初日。3人が最終ホールのプレーを残したまま、日没サスペンデッドとなった。前週オフを取り、休養十分で臨んだ松山英樹と石川遼。松山は1アンダーの暫定17位タイ、石川は8番のトラブルで8をたたくなど6オーバーの暫定121位タイと出遅れた。

 松山英樹はインの10番をバーディでスタート。続く11番ボギーのあと14番でもボギーをたたき1オーバーで折り返すと、1番パー5でイーグル奪取。3番もバーディで2アンダーと伸ばしたが、終盤2ボギーをたたき70でホールアウト。初日は1アンダーの暫定17位タイとまずまずのスタートとなった。

 一方の石川遼はインスタートの12番、13番で連続ボギーが先行と不安な立ち上がり。17番で初のバーディを奪ったものの、18番のボギーで前半を2オーバー。後半に入り、6番、7番で連続バーディを奪って巻き返すかに見えたが、続く8番パー4でティショットがロストボールに。このトラブルで痛恨のダブルパーの8。最終9番もボギーをたたき77でホールアウト。6オーバーの暫定121位タイと大きく出遅れた。

 ツアー34勝を誇るベテラン、ビージェイ・シン(フィジー)が6バーディ、1ボギーの66をマークして5アンダーの暫定首位に立った。同じくレティーフ・グーセン(南アフリカ)、ニック・ワットニーら6人が暫定首位に並んでいる。

 ディフェンディングチャンピオンのバッバ・ワトソンは1アンダーで松山と同じ暫定17位タイに並んでいる。

このラウンドのニュース

このトーナメントのニュース

関連ニュース

関連フォトギャラリー

Pargolf Members

すでに会員の方はこちら

最新トピックス


アクセスランキング

トーナメントプロ公式サイト・ブログ