ウェイストマネージメントフェニックスオープン

米国男子

松山英樹が暫定29位タイ、石川遼は暫定65位タイで初日をスタート

初日は2アンダーの暫定29位タイとまずまずのスタートを切った松山英樹 ウェイストマネージメントフェニックスオープン(2015)(1日目) 写真・Getty Images
初日は2アンダーの暫定29位タイとまずまずのスタートを切った松山英樹 ウェイストマネージメントフェニックスオープン(2015)(1日目) 写真・Getty Images
ウェイストマネージメントフェニックスオープン(1月29日~2月1日、米国アリゾナ州・TPCスコッツデール、7216ヤード、パー71)

 現地時間29日にウェイストマネージメントフェニックスオープンが開幕。初日は日没サスペンデッドとなり、松山英樹は2アンダーの暫定29位タイ、石川遼はイーブンパーの暫定65位タイでプレーを終えている。暫定首位は7アンダーのライアン・パーマー。タイガー・ウッズは2オーバーの暫定104位タイと出遅れた。

 先週は試合を休みリフレッシュして臨んだ松山英樹。前半は3番、7番、9番と3バーディを奪い、昨年大会で優勝争いしたコースとの相性のよさを見せた。しかし、後半は波に乗りきれず、14番、15番で連続ボギー。それでも最終18番はバーディで締めくくり69、2アンダーの暫定29位タイで初日をスタートした。

 一方の石川遼は、5番でバーディが先行したものの、7番パー3で3パットのボギーとし、イーブンパーで後半へ。14番まで我慢のゴルフでパーを重ねると15番で二つ目のバーディ。しかし、17番のボギーで71、イーブンパーの暫定65位タイとなった。

 今季初戦を迎えた注目のタイガー・ウッズは、1番、2番を連続ボギーでスタートすると4番ではダブルボギーをたたき、4ホールで4オーバーと序盤でつまづいた。13番ではイーグルを奪って多くのギャラリーを沸かせたが、1イーグル、2バーディ、4ボギー、1ダブルボギーの73。初日は2オーバーの暫定104位タイと出遅れた。

 ライアン・パーマーが1イーグル、5バーディの64をマークして7アンダーの暫定単独首位に立っている。昨年大会でツアー初優勝を挙げたケビン・スタドラーは、1アンダーの暫定42位タイにつけている。

このラウンドのニュース

このトーナメントのニュース

関連ニュース

関連フォトギャラリー

Pargolf Members

すでに会員の方はこちら

最新トピックス


アクセスランキング

トーナメントプロ公式サイト・ブログ