BMW選手権~プレーオフ第3戦~

米国男子

ホーシェルが2位で1000万ドルをかけた最終戦へ進む

プレーオフ最終戦、1000万ドルをかけた戦いに挑むビリー・ホーシェル BMW選手権(2014)(最終日) 写真・Getty Images
プレーオフ最終戦、1000万ドルをかけた戦いに挑むビリー・ホーシェル BMW選手権(2014)(最終日) 写真・Getty Images
BMW選手権(9月4~7日、米国コロラド州・チェリーヒルズCC、7352ヤード、パー70)

 米ツアーのフェデックスカッププレーオフ第3戦のBMW選手権は、2位に3打差をつけてスタートしたビリー・ホーシェルが、3バーディ、2ボギーの69で回り、通算14アンダーで2位に2打差をつけて逃げ切り優勝。通算2勝目を挙げた。

「今日は3メートル以内のパットが入ってくれた。簡単な一日ではなかったけど優勝できてとてもうれしい。(フェデックスカップランキング)5位以内なら、最終戦で優勝すれば年間王者になれる。だからこの大会で優勝したかったし、フェデックスカップランキング2位で最終戦を迎えられることになって素晴らしいよ」

 後半はノーバーディで耐えるゴルフだったが、バッバ・ワトソンらの追撃を振り切った。先週までのフェデックスランキング20位だったホーシェルは、優勝したことで2位に浮上して最終戦を迎えることになった。

 また、最終戦へ進む30名が決定。今大会3位に入ったモーガン・ホッフマンが68位から21位、4位タイに入ったライアン・パーマーが37位から23位と、2人が逆転でフェデックスカップランキング30位入り。逆に30位から漏れたのは、46位タイに終わったスチュアート・アップルビーと昨日棄権していたキーガン・ブラッドリーの二人となった。

 最終戦前には、ポイントがリフレッシュされ、1位から5位の選手は優勝すれば自力で1000万ドルを獲得できる年間王者になれる。それ以下の選手は、ポイント上位選手の成績次第だが優勝すれば年間王者戴冠も夢ではない。2010年以降は、ツアー選手権の優勝者がそのまま年間王者になっている。2011年のチャンピオン、ビル・ハースは25位で優勝を飾り、1000万ドルを手にしている。

 1位はクリス・カーク、3位には今大会2位に入ったバッバ・ワトソン。4位にはシーズン1位だったロリー・マキロイ、5位はハンター・メイハンが続く。28位で最終戦に進む松山にも、優勝すれば奇跡を起こす可能性は残されている。

文・小高拓

このラウンドのニュース

このトーナメントのニュース

関連ニュース

関連フォトギャラリー

Pargolf Members

すでに会員の方はこちら

最新トピックス


アクセスランキング

トーナメントプロ公式サイト・ブログ