RBCカナディアンオープン

米国男子

今田は32位タイ、首位はM・プットナムとT・ペトロビック

6アンダーの首位タイ、ツアー初優勝に向けて好スタートを切ったマイケル・プットナム RBCカナディアンオープン(2014)(1日目) 写真・Getty Images
6アンダーの首位タイ、ツアー初優勝に向けて好スタートを切ったマイケル・プットナム RBCカナディアンオープン(2014)(1日目) 写真・Getty Images

リーダーズボード

RBCカナディアンオープン(7月24~27日、カナダ・ロイヤルモントリオールGCブルーC、7153ヤード、パー70)

 現地時間24日に開催されたカナダのナショナルオープン、RBCカナディアンオープン。初日は、今田竜二が2アンダーで32位タイとまずまずのスタート。マイケル・プットナムとティム・ペトロビックが6アンダーで首位に並んだ。

 日本人選手では今田竜二が参戦し、インスタートの11番ボギーで前半を終えると、後半は2番、5番、そして最終9番でバーディフィニッシュ。3バーディ、1ボギーの68で回り、2アンダーの32位タイで初日を終えた。

 ツアー未勝利のマイケル・プットナムが、6バーディ、ノーボギーの64、6アンダーで首位に立ち、ツアー初優勝へ向けて好スタートを切った。同じく首位に並んだのは、48歳のベテラン、ティム・ペトロビック。4バーディ、ノーボギーで前半を終えると、後半の12番でイーグルを奪って6アンダー。2005年のチューリヒクラシック・オブ・ニューオーリンズ以来のツアー2勝目を狙う。

 3位にはカイル・スタンリーとカナダ出身のアマチュア、テイラー・ペンリスの5アンダー。同じくカナダ出身でマスターズ覇者のマイク・ウィアは、イーブンパーの67位タイと出遅れている。カナダ出身のプロでは、デビッド・ハーンが3アンダーの16位タイが最高位。

 ディフェンディングチャンピオンのブラント・スネデカーは、5バーディ、2ボギー、1ダブルボギーの69、1アンダーの44位タイ。

このトーナメントのニュース

関連ニュース

関連フォトギャラリー

Pargolf Members

すでに会員の方はこちら

最新トピックス


アクセスランキング

トーナメントプロ公式サイト・ブログ