第143回全英オープンゴルフ THE OPEN CHAMPIONSHIP 2014 2014.7.14-7.20 / Royal Liverpool

全英オープン

米国男子

松山英樹 グリーンに苦戦し、追い上げならず

ちょっとしたスイングのズレが結果に響いた松山英樹 全英オープン(2014)(最終日) 写真・村上航
ちょっとしたスイングのズレが結果に響いた松山英樹 全英オープン(2014)(最終日) 写真・村上航
全英オープン(7月17~20日、英国・ロイヤルリバプールGC、7312ヤード、パー72)

 全英オープン最終ラウンドが行われ、38位タイからスタートした松山英樹は、5バーディ4ボギーの71と、この日も爆発することはできず、通算1アンダー、39位タイで今季3戦目のメジャーを終えた。
 
 最終日巻き返しを狙った松山は1番(パー4)で、2打目をグリーン左ラフに外して寄せきれずにボギー発進。5番(パー5)で3メートルのイーグル逃しのバーディを奪うが、6番(パー3)でティショットはグリーンをとらえられず、2メートルのパーパットを外してボギーと流れを作れない。8番からは3連続バーディを奪って後半にチャージかと思われたが、11番(パー4)でエッジからパターを使った寄せは、2メートルオーバーし、それを外してボギー。13番(パー3)もエッジからパターを使った寄せが2メートルオーバーしてボギー。最終18番(パー5)でバーディを奪って一矢報いたが1アンダーにするのが精いっぱいだった。

「後半、ショットのフィーリングはだいぶよくなってきましたが、それが結果につながりませんでした。パッティングも相変わらず悪いですし。なぜだか、分かりませんが強く打っちゃう。タッチがあっていないとショートパットも入りませんしね」

 ショットがよくなってもグリーン上で苦戦した1日。5つのバーディを奪っているが、耐えるゴルフができずに伸ばすことができなかった。

「(4日間)うまくいかなかったです。スイングのちょっとしたズレを見つけられなかったので、早く見つけられるようにしないとダメですね」

 昨年6位タイに入ったときにはショットが絶好調でパーオン率は2位だったが、今大会は56位とショットの悪さは数字にもあらわれている。

 優勝候補の選手が全員上位に入るとは限らない。昨年覇者のフィル・ミケルソンですら23位タイに終わった。それだけメジャーは難しい舞台である。優勝候補の一人に挙げられていた松山も、スイングのちょっとしたズレが結果に響いただけだ。こうした経験は次のメジャーに必ず生きてくるはずだ。

文・小高拓

このラウンドのニュース

このトーナメントのニュース

関連ニュース

関連フォトギャラリー

Pargolf Members

すでに会員の方はこちら

最新トピックス


アクセスランキング

トーナメントプロ公式サイト・ブログ