第143回全英オープンゴルフ THE OPEN CHAMPIONSHIP 2014 2014.7.14-7.20 / Royal Liverpool

全英オープン

米国男子

R・マキロイが首位を守って完全優勝!

初日からの独走を守り、完全優勝を果たしたR・マキロイ (2014)(最終日) 写真・村上航
初日からの独走を守り、完全優勝を果たしたR・マキロイ (2014)(最終日) 写真・村上航
全英オープン(7月17~20日、英国・ロイヤルリバプールGC、7312ヤード、パー72)

 16アンダー単独首位からスタートしたロリー・マキロイが5バーディ4ボギーの71でラウンドし、トータル17アンダーで初日から首位を守りきる完全優勝を果たした。全英オープンのタイトルは自身初。メジャー通算3勝目を飾った。

 前日まで快調なゴルフで首位を独走してきたマキロイだが、最終日は2バーディ2ボギーでスコアを伸ばせずハーフターン。一時はセルジオ・ガルシアに2打差まで詰め寄られる場面もあった。

 しかし、16番(パー5)でバーディを奪って後続を引き離すと、そのまま2位以下に3打差をつけて最終18番(パー5)へ。2打でグリーン手前のバンカーまで運ぶと、これをピン奥3メートルに寄せることに成功。2打で沈めてトータル17アンダーでフィニッシュ。

 2打差の2位タイにはガルシアとリッキー・ファウラーがつけ、さらに2打差の4位にはジム・ヒューリクがつけた。

 イーブンパー38位タイからスタートした松山英樹は、5バーディ4ボギーの71でラウンド。スコアを1つ伸ばし、トータル1アンダーで39位タイフィニッシュ。

 4オーバー63位タイから出た小田孔明は、8バーディ1トリプルボギーの67をマーク。松山同様、トータル1アンダー39位タイで4日間の競技を終えた。

このラウンドのニュース

このトーナメントのニュース

関連ニュース

関連フォトギャラリー

Pargolf Members

すでに会員の方はこちら

最新トピックス


アクセスランキング

トーナメントプロ公式サイト・ブログ