第143回全英オープンゴルフ THE OPEN CHAMPIONSHIP 2014 2014.7.14-7.20 / Royal Liverpool

全英オープン

米国男子

松山英樹 ショットの感触を取り戻せず、イーブンパーで最終日へ

最終日はがんばるだけと言い切った松山英樹。明日の奮闘に期待したい 全英オープン(2014)(3日目) 写真・村上航
最終日はがんばるだけと言い切った松山英樹。明日の奮闘に期待したい 全英オープン(2014)(3日目) 写真・村上航
全英オープン(7月17~20日、英国・ロイヤルリバプールGC、7312ヤード、パー72)

 全英オープン第3ラウンドは、風がほとんどなく時折雨交じりの曇天のなか行われ、上位進出を狙い1アンダーの24位タイからスタートした松山英樹は、3バーディ4ボギーの73と一つスコアを落として、通算イーブンパー、38位タイに後退した。

「ショットの感触が悪かったです。ラウンド中は修正することができませんでした。うまく試合には入れていると思いますし、疲れはないんですけどね」

 この日の松山はアイアンショットにキレがなかった。1番(パー4)はアイアンでティショットを打ったが右の深いラフへ。2打目はラフにヘッドが引っかかる形でボールは左のラフへ。そこから3オン2パットのボギースタート。6番(パー3)ではティショットをグリーンの右ラフへ外すと寄せられずにボギーと、流れは変わらない。

 11番(パー4)は2打目を1.5メートルにつけたが、わずかに外れ、その返しも外してボギー。流れはさらに悪くなったが、12番(パー4)でようやく4メートルのバーディパットが決まると、続く13番(パー3)は、ティショットがカップにかすめて1メートルにつけて連続バーディと気をはいた。

「結果はよかったですけど、13番も自分の中では感触が悪いままでした。今年に入ってから悪かったものがあって、ずっとごまかしながらきていましたが、ごまかしきれなくなってきたのかなと思いました。最終日の明日は、スコアを伸ばせるようにがんばるだけです」

 1日中ショットに不安を抱えたままだった。ボールの結果がよくても松山自身の感触が悪いことはよくある。ショットの感触が悪くても日本では優勝した経験がある。持ち前の曲がらないショットで最終日の巻き返しに期待したい。

文・小高拓

このラウンドのニュース

このトーナメントのニュース

関連ニュース

関連フォトギャラリー

Pargolf Members

すでに会員の方はこちら

最新トピックス


アクセスランキング

トーナメントプロ公式サイト・ブログ