ザ・グリーンブライアークラシック

米国男子

B・ハーリーIIIが単独首位、B・ワトソンが8位に浮上

首位に4打差の8位タイに浮上し、決勝ラウンドを迎えるバッバ・ワトソン ザ・グリーンブライアークラシック(2014)(2日目) 写真・Getty Images
首位に4打差の8位タイに浮上し、決勝ラウンドを迎えるバッバ・ワトソン ザ・グリーンブライアークラシック(2014)(2日目) 写真・Getty Images
ザ・グリーンブライアークラシック(7月3~6日、米国ウェストバージニア州・ジ・オールドホワイトTPC、7287ヤード、パー70)

 現地時間4日に行われた大会2日目。ビリー・ハーリーIIIが63で回り、通算9アンダーの単独首位に立った。前年優勝のジョナス・ブリクスト(スウェーデン)は通算3アンダーで初日の首位から25位タイへ大きく後退した。

 インスタートのビリー・ハーリーIIIは、14番でバーディが先行すると16、17番連続バーディ、後半に入っても4、5番で連続バーディを奪うなど、7バーディ、ノーボギーの63、7打伸ばして通算9アンダー、初日の31位タイから一気に単独首位に浮上した。

 5バーディ、ノーボギーの65で回ったケビン・チャペルと66で4つ伸ばしたクリス・ストラウドがともに通算8アンダーの2位タイ。上位3人はともにツアー未勝利で、初優勝に向けて絶好のポジションから決勝ラウンドを戦う。

 9バーディ、ノーボギーの61というビッグスコアをたたき出したトロイ・マッテソンが、初日110位タイから100人以上をごぼう抜き、通算7アンダーの4位と大きく順位を上げた。

 初日6アンダーの首位からスタートしたディフェンディングチャンピオンのジョナス・ブリクストは、2バーディ、5ボギーの73と崩れ、通算3アンダーの25位タイに後退した。

 通算6アンダーの5位タイには、スティーブ・ストリッカーら3人が並び、通算5アンダーの8位タイにバッバ・ワトソンら5人。さらに1打差の4アンダー13位タイにJ・B・ホームズ、ケビン・ナら12人が並び、混戦模様で明日からの決勝ラウンドを迎える。

このトーナメントのニュース

関連ニュース

関連フォトギャラリー

Pargolf Members

すでに会員の方はこちら

最新トピックス


アクセスランキング

トーナメントプロ公式サイト・ブログ