U.S OPEN Championship 2014 全米オープン

全米オープン

米国男子

R・ファウラー 第2のトーナメントを楽しめた

追い上げならず2位タイに終わったリッキー・ファウラー 全米オープン(2014)(最終日) 写真・佐々木啓
追い上げならず2位タイに終わったリッキー・ファウラー 全米オープン(2014)(最終日) 写真・佐々木啓
全米オープン(6月12~15日、米国ノースカロライナ州・パインハースト ナンバー2、7562ヤード、パー70)

主な選手のコメント

リッキー・ファウラー(3バーディ、3ボギー、1ダブルボギー、72、通算1アンダー、2位タイ)
「18番のティグラウンドに立った時に、グリーン上のエリック(・コンプトン)の歓声が聞こえたんだ。“第2”のトーナメントを楽しんだよ。マスターズで5位タイ、今回で2位タイに入ったことには、間違いなく満足している。早めにスコアを伸ばしてマーティン(・カイマー)にプレッシャーをかけたかったけど、最初にダブルボギーがきてしまった。それでもメンタル的にも充実していたし、悪いゴルフではなかった。自分をコントロールできたと思う。メジャーで優勝争いすることは今後につながる」

キーガン・ブラッドリー(1イーグル、3バーディ、2ボギー、67、通算1オーバー、4位タイ)
「昨日はピンポジションが本当に厳しかった。今日はそれに比べるとそこまでではなかったし、ピンを狙うことができた。スコアを伸ばす選手が出たのはそれが大きい。1オーバーというスコアは全米オープンとしては上出来だと思う。今までで一番だと思う。今日はライダーカップのチームメンバーに選ばれるための大事な試合だったので、すごく緊張した。とにかくチームに選ばれたいからね」

ジェイソン・デイ(3バーディ、1ボギー、68、通算1オーバー、4位タイ)
「今回の目標はとにかくガッつかずに忍耐強くプレーすることだった。全米オープン、メジャーはそういうプレーをすることが大事。今日はボギーなしでラウンドしたかったけど、それでも満足している。ケガから復帰して二つ目の大きな大会だったけど、メンタル面では問題ないし、プレーに関してはもう少し仕上げなければいけない部分もある。ケガの部分や他の体の面でも問題はないので、前向きに取り組んで、それでメジャータイトルがくればいいね」

アダム・スコット(3バーディ、2ボギー、69、通算2オーバー、9位タイ)
「今回のメジャーはいつもと違うコースの雰囲気だったけど、とてもフェアで素晴らしかった。メジャートーナメントでは、まずまずのプレーをしたとしてもそれが4オーバーだったり5オーバーだったりする。他のトーナメントではアンダーで回れるゴルフだったとしても。いいフィニッシュができたし、いい方向に向かっている感じがする。全英オープンまで4週間休んで準備する」

このラウンドのニュース

このトーナメントのニュース

関連ニュース

関連フォトギャラリー

おすすめのコラム

Pargolf Members

すでに会員の方はこちら

最新トピックス


アクセスランキング

トーナメントプロ公式サイト・ブログ