U.S OPEN Championship 2014 全米オープン

全米オープン

米国男子

【プレーバック2008】手負いのトラの雄たけび…91ホールの激闘の末つかんだタイトル

91ホールの激闘の末優勝したタイガー・ウッズ
91ホールの激闘の末優勝したタイガー・ウッズ 【拡大】
 メジャー大会の54ホール(第3ラウンド)終了時点で首位に立ったとき、それまでのタイガー・ウッズは13戦負けなしだった。今大会も勝利の方程式どおりであれば、ウッズの優勝は盤石のはずだったが、今回は様相が違った。幸先よくシーズン序盤で3勝を挙げたものの、膝(ひざ)に爆弾を抱えながらの戦いが続いた。マスターズで2位に入った後、治療に専念するため今大会まで長期離脱を余儀なくされた。

 完全治癒とはいかなかったが、ウッズはトーリーパインズで開催されるこの全米オープンを復帰の場に選んだ。初日こそ19位タイとおとなしいスタートだったが、2日目2位タイ、そして3日目終了時には単独トップに立った。20メートルのイーグルパットや、強く入ってしまったアプローチがピンに当たってカップインするなど、運も味方した。しかし、プレー中に見せる苦悶(くもん)の表情や、足を引きずるしぐさに悲愴感がただよった。ショットのたびに崩れ落ちそうになりながらも、それでもなんとか耐えた。

 誰もがウッズの「完走」を不安視する中スタートした最終ラウンドでは、出だしからつまずいた。1番をダブルボギーとすると、1組前をいくロッコ・メディエイトに首位の座を明け渡す。その後もスコアを伸ばせないウッズをしり目に、メディエイトは手堅いゴルフを展開。ウッズを1打リードしてホールアウト。

 窮地に追い込まれたウッズは、18番(パー5)のティショットをバンカーに打ち込み、2打目をレイアップすると、3打目でグリーンをとらえ、ピン右4メートルに乗せた。プレーオフに持ち込むためには、バーディパットをねじ込むしかなかったが、強く打ったボールは見事カップに吸い込まれ、メディエイトとの18ホールのプレーオフに突入した。

 全米オープン独自規定により、翌日行われた18ホールのプレーオフでは、お互いバーディとボギーを分け合う展開で決着が付かず、サドンデスにもつれ込んだ。その7番ホールでは、フェアウエーバンカーにティショットを入れたメディエイトに対し、ウッズはフェアウエーキープ。セカンドがグリーンを大きくショートし、3オンとなったメディエイトはボギー。ウッズは、安全にパーオンし、パーでメディエイトを振り切った。

2008年の成績はコチラ >>

このトーナメントの事前情報

このトーナメントのニュース

関連ニュース

関連フォトギャラリー

おすすめのコラム

Pargolf Members

すでに会員の方はこちら

最新トピックス


アクセスランキング

トーナメントプロ公式サイト・ブログ