HPバイロン・ネルソン選手権

米国男子

石川遼 来週は優勝争いできるように頑張る!

1打及ばす最終日に進めなかった石川遼 HPバイロン・ネルソン選手権(2014)(3日目) 写真・Getty Images
1打及ばす最終日に進めなかった石川遼 HPバイロン・ネルソン選手権(2014)(3日目) 写真・Getty Images
HPバイロン・ネルソン選手権(5月15~18日、米国テキサス州・TPCフォーシーズンズリゾート、7166ヤード、パー70)

 大会3日目、石川遼は1バーディ、3ボギーの72、二つ落として通算3オーバー、1打及ばすにセカンドカット。最終日に進むことができなかった。

 1オーバー67位でインからスタートした石川は、10番1.6メートルのバーディパットを外すと、11番から14番まで続いたバーディチャンスも決められず、15番でボギーが先行。続く16番3メートル、17番3.6メートルのバーディパットを外すと18番もボギー。前半二つ落として後半へ入ると、8番でようやく初バーディとするが、スコアを伸ばせずに通算3オーバーで1打及ばすセカンドカット、最終日には進めなかった。

「悪くても1オーバーで回れば通るのかなと思っていましたが、運も味方になってくれず、一日中流れが良くなかった。前半チャンスが決まらずに先にボギーが来てしまった。それでも悪いなりに2オーバーで抑えた感じでした」

 前半はショットが良かったのに、パットがことごとく入らなかった。

「入らなかったパットのほとんどが、いいパットでした。その中で一つでも入っていれば、という感じはありましたが、長いシーズンにはこんなこともあるし、しょうがないですね。ショットは、アイアンの距離感、方向性、精度が良くなかった。後半の方で、まだまだやらなければいけないと思えるショットがいくつかありました」

 入らなかったパットの課題は。

「短いのは外していませんが、ロングパットのタッチの出し方は下手だなと思います。こちらの選手は長いパットでも当たり前のようにカップをかすめてくるのに、自分はそれがまだできていない。2年目にしてようやく新しい課題が見えてきた感じです」

 次週コロニアルに向けて。

「昨日のプレーで予選突破できたのはいい経験になったし、悪いなりに抑えられたのは次につながります。来週こそいいスタートを切って、優勝争いができるように頑張りたい」

 前半9ホール中7つあったバーディチャンスをことごとく外し、最終日に進めなかった石川。次週までにしっかり調整し、初日から上位で戦う石川に期待しよう。

このラウンドのニュース

このトーナメントのニュース

関連ニュース

関連フォトギャラリー

Pargolf Members

すでに会員の方はこちら

最新トピックス


アクセスランキング

トーナメントプロ公式サイト・ブログ