ウェイストマネージメントフェニックスオープン

米国男子

松山英樹 “朝イチ”が会心で「行けると思った」

ショットが復調し好スタートを切った松山英樹 ウェイストマネージメントフェニックスオープン(2014)(1日目) 写真・Getty Images
ショットが復調し好スタートを切った松山英樹 ウェイストマネージメントフェニックスオープン(2014)(1日目) 写真・Getty Images
ウェイストマネージメントフェニックスオープン(1月30~2月2日、米国アリゾナ州・TPCスコッツデール、7216ヤード、パー71)

 松山英樹はショットが奇跡的に復調。6バーディ、1ボギーの66、5アンダーで暫定ながら首位と2打差の好発進。

 日没ギリギリでホールアウトした松山からは、滅多に見せないような、うれしそうな笑顔がこぼれた。

 スタート前の練習場でもショットはバラバラ。チェックポイントを確認しながら調整したという。

 それが出だしの10番(パー4)。3番ウッドで打ったティーショットが会心の当たりでフェアウエーをとらえると「行けるかなと思った」という。

「今日はびっくりするくらいよかった。練習場でもそんなによくなかったんですけど、10番のティーショットがまっすぐ行って、だいぶ気分がよくなった」

 12番(パー3)で1.5メートルにつけてバーディ。13番(パー5)は残り222ヤードを5番アイアンでピン左6メートル、15番(パー5)は残り239ヤードを3番アイアンでピン左下10メートルと二つのパー5はそれぞれ2オンさせてバーディと伸ばした。

 スタジアム形式で囲まれた16番(パー3)は3メートルを沈めてパーセーブ。お約束のファンサービスにはサイン入りのキャップを投げて喝采を浴びた。

 後半に入ってもショットのさえは崩れなかった。

 1番(パー4)で1メートル、3番(パー5)は第2打をバンカーに入れたが、これを30センチにつけてバーディ、日没が迫った8番(パー4)でも3メートルを沈めて伸ばした。

 まだまだショットは100パーセントではないと自重する。

「ほんとにもう少し球筋を打ち分けられたら楽になるのかなと思うけど、これ以上求めないようにやっていきたい。これからやっぱり球筋を求めていくとミスも多くなってくると思うので、欲張りすぎずにやっていければいいのかなと思います」

 スタート前には不安もあったが、

「不安というか、先週あれだけ曲がってもいい感じで回れていたので、曲がってもいいかなと思った。もちろん曲がらないにこしたことはないけど、曲がってもやっていけるかなと」

 とはいえ、得た手応えは確実。このままの流れで2日目も好位置を維持したいと、声は弾んで、めずらしく饒舌だった。

このラウンドのニュース

このトーナメントのニュース

関連ニュース

関連フォトギャラリー

Pargolf Members

すでに会員の方はこちら

最新トピックス


アクセスランキング

トーナメントプロ公式サイト・ブログ