全英オープン

米国男子

今季初優勝をかけたR・マキロイの戦いに注目!

メジャー3勝目を目指すロリー・マキロイ 全英オープン(2013)(事前情報) 写真・Getty Images
メジャー3勝目を目指すロリー・マキロイ 全英オープン(2013)(事前情報) 写真・Getty Images
 ワールドランキングトップの座は明け渡したが、メジャー3勝目を目指す同2位のロリー・マキロイの今大会にかける思いは強い。自身にとって全英オープンは、子供のころからテレビで見てきた慣れ親しんだ大会だからだ。水曜日の公式会見に登場したマキロイは、この10日間の準備や今大会に向けての意気込みを語った。

「10日ほど前に一度来て2ラウンド行った。そして、週末に再度コース入りしてからは、日曜から火曜まで3ラウンドこなした。ミュアフィールドでの全英オープンは初めてだが、2002年に(アーニー・)エルスが優勝した大会は見ていたんだ。来てみて思ったのは、とてもフェアなコースだということ。ほかのリンクスコースによく見られるように、変なトラップが隠されていることもない。コンディションも全英らしくてとてもいい1週間になりそうだよ。本当にすばらしいコースだ」

 若くして数々の栄光を手にしてきたマキロイ。その半面、一気にスターダムにのし上がったのちに迎えた今季のスランプに関して、批判を受けることも多い。外野の声は気になるかの問いにマキロイは、全く気にならないと返した。

「周りがどういおうと関係ない。確かに今年は結果が出ていないけど、今までやってきたことに満足しているし、間違っているとは思っていない。ずっとハードワークをしてきているし、そのうちいい方に向かっていくと思う。トロフィーを掲げるシーンが多く来そうな予感はある」

 そんなマキロイは、予選ラウンドを注目の組で回ることになる。一緒に回るのはフィル・ミケルソンと日本の若武者、松山英樹だ。

「日本人だと、今まで何回もRYO(石川遼)とはプレーしたことがある。彼も米ツアーにようやく慣れてきた頃だよね。今回の松山とは初めてのラウンドになる。彼のことは聞いているし、これまで達成してきた偉業も知っている。マスターズでの活躍も知っているし、とにかく才能あふれる選手だね。あしたとあさっての松山とフィルとのラウンドがとても楽しみだ」

 今季はいまだ優勝がないが、そんなことは意に介さない。周りの批判をはねのけ、とにかく自分のやっていることが正しいと信じ、初のクラレットジャグに向けて間もなくスタートする。

【テレビ朝日・パーゴルフ facebook】ここでしか見られない情報が満載!! >>

このトーナメントの事前情報

このトーナメントのニュース

関連ニュース

関連フォトギャラリー

Pargolf Members

すでに会員の方はこちら

最新トピックス


アクセスランキング

トーナメントプロ公式サイト・ブログ