マスターズトーナメント

米国男子

世界ランキング5位と269位がトップを並走

マスターズの3日目が終わり、この日ともに4位タイからのスタートで、ともに3アンダーで回ったブラント・スネデカーとアンヘル・カブレラの二人が、通算7アンダーでトップに並んだ。

スネデカーは、

「今日はいくつかのラッキーが合って寄せワンが取れて、ボギーがなくてよかった」

と、持ち前のショートゲームを生かして3バーディ、ノーボギーの3アンダー。対して2009年覇者のカブレラは、6バーディ、3ボギーの3アンダー。

ブラント・スネデガー
ブラント・スネデガー 【拡大】

「今日はアンダーパーで回って、最終日にいい位置でいられるように心がけたよ。16、18とバーディを取れて自信になったよ」

と、振り返る。

昨年のフェデックス王者で、現在世界ランキング5位につけるスネデカーは、08年大会で3日目を終えて2位につけていた。しかし、最終日に77と崩れて3位タイに終わっている。

「08年のときは、2回目の出場で戦い方がまったく分からなかった。今は戦い方をわかっている。自分のゴルフに集中できれば優勝のチャンスはある」

と、悲願のメジャー初優勝を狙う。

カブレラは09年のマスターズ、07年の全米オープンでメジャー2勝を挙げているが、ケガの影響もあり現在世界ランキングは269位。

「優勝の経験がアドバンテージなるとは思わない。コースは難しいし、差がないのでミスをしないでやれば勝てるかもしれないね」

世界ランキング5位でメジャー初制覇を狙う選手と、メジャー2勝経験ながらも世界ランキング269位の選手という、対照的選手が首位。過去の経験、現在の力、どのような戦いになるのだろうか。

文・小高拓、写真・宮本卓

このラウンドのニュース

このトーナメントのニュース

関連ニュース

関連フォトギャラリー

Pargolf Members

すでに会員の方はこちら

最新トピックス


アクセスランキング

トーナメントプロ公式サイト・ブログ