AT&Tペブルビーチナショナルプロアマ

米国男子

ブラント・スネデカーが今季初優勝でツアー通算5勝目!

今季初優勝を決め、観客の声援に応えるブラント・スネデカー(Getty Images)
今季初優勝を決め、観客の声援に応えるブラント・スネデカー(Getty Images)

先週はウェストマネージメント・フェニックスオープンでフィル・ミケルソンが、そして2週前はファーマーズ・インシュランス・オープンでタイガー・ウッズが勝利。その間、2週連続の2位に甘んじたのがブラント・スネデカー(米国)だったが、その悔しさを晴らす日がきた。今週、カリフォルニア州ペブルビーチで開催されたAT&Tペブルビーチ・ナショナルプロアマで今季初優勝、ツアー通算5勝目を挙げた。

「ようやく勝てて最高の気分だ。この2週間、とてもいいプレーをしていたのだけど、殿堂入りの二人に追いつけなかった。でも、それはボクを奮起させてくれた。今週はこのリードを守って勝てた。勝つことは本当にうれしい。素晴らしい1日だった」(スネデカー)

32歳のスネデカーは、昨年度のフェデックスカップチャンピオン。ルーキーのジェームス・ハーン(31歳)と並び首位で最終日を迎えたが、貫禄を見せたスネデカーが65をマークした。通算19アンダーの267は、フィル・ミケルソン(2007年)とマーク・オメーラ(1997年)を1打上回る大会記録。2番パー5で1.2メートルのイーグルパットを沈めるなど、序盤の7ホールで5つ伸ばして首位を独走し、2位のクリス・カークに2打差で勝利した。

「本当にクレージーな1日だった。いいスタートを切れて、最初の6ホールで4アンダーは本当に大きかった。そして、17番でのバーディは本当に大きかった。あれで2打差になった。18番に向かうのに1打差と2打差では、本当に大きな違いだった」

とスネデカーは笑った。

スネデカーは現在、ツアーでもっとも注目すべき選手。今季5試合で二度の2位と3位が1回。悪くてもヒューマナの23位と好調が続いていた。この勝利で、世界ランキングも6位から4位へとジャンプアップ、自己最高位を記録した。

「こんなふうに勝てたことはマスターズ、全米オープンとメジャーを迎えるにあたって大きな自信になる。それがボクにとって次の目標だ。このツアーで5勝を挙げた。次はメジャーに勝ちたい」(スネデカー)

スネデカーは大舞台となるWGCを前にリフレッシュ。次戦のノーザントラストを欠場し、ハワイにバケーションへと出掛ける。

「今日の戦いは本当に疲れた。勝つためには小さなことにも集中力が必要。だから、2日ほどゴルフから離れたい。そしてツーソンに戻ってくる」(スネデカー)

次戦はWGC-アクセンチュアマッチプレー。リフレッシュしたスネデカーに期待大だ。

文・武川玲子

このトーナメントのニュース

関連ニュース

関連フォトギャラリー

Pargolf Members

すでに会員の方はこちら

最新トピックス


アクセスランキング

トーナメントプロ公式サイト・ブログ