ジョンディアクラシック

米国男子

D・サマーヘイズが10バーディで首位に浮上

首位に躍り出たD・サマーヘイズ ジョンディアクラシック(2013)(3日目) 写真・Getty Images
首位に躍り出たD・サマーヘイズ ジョンディアクラシック(2013)(3日目) 写真・Getty Images

リーダーズボード

順位 選手名 スコア 合計
1 ダニエル・サマーヘイズ -9 -19
2 デビッド・ハーン -7 -17
3 ザック・ジョンソン -4 -16
4T ジェリー・ケリー -5 -15
4T J・J・ヘンリー -6 -15
4T ニコラス・トンプソン -7 -14
7T マット・ジョーンズ -3 -14
7T クリス・カーク -5 -14
7T ジョーダン・スピース -6 -13
7T Kevin Sutherland -6 -13
 米男子ツアーのジョンディアクラシック(7月11~14日、米国イリノイ州・TPCディアラン、パー71)第3ラウンドが行われた。連日ビッグスコアが飛び出す中、この日も大きくスコアを伸ばす選手が続出した。

 3日目トップに立ったのは、10バーディ、1ボギーの「61」で回ったツアー未勝利のダニエル・サマーヘイズ。出だしの1、2番でバーディを奪った後の3番でボギーをたたくも、すぐに連続バーディで持ち直し、15番からの3連続を含む10バーディ。通算19アンダーでホールアウトした。

 2打差の17アンダー、単独2位にデビッド・ハーン。さらに1打差の16アンダー、3位に連覇を狙うザック・ジョンソンがつけている。15アンダーの4位タイからJ・J・ヘンリーとジェリー・ケリーが、14アンダーの6位タイからニコラス・トンプソン、クリス・カーク、マット・ジョーンズの3人が追う展開。

 5アンダー、36位タイからスタートした石川遼は、5バーディ、ノーボギーのラウンドで、通算10アンダーの24位タイに浮上。最終日の大爆発に期待したい。

このラウンドのニュース

このトーナメントのニュース

関連ニュース

関連フォトギャラリー

Pargolf Members

すでに会員の方はこちら

最新トピックス


アクセスランキング

トーナメントプロ公式サイト・ブログ