今週のトーナメント

全米オープン

米国男子

松山英樹はモンスターコースで『71』 「久々にいいかたちでプレーできた」

松山英樹が初日のラウンドをまずまずの形で終えた (全米オープン)(2021) 写真・GettyImages
松山英樹が初日のラウンドをまずまずの形で終えた (全米オープン)(2021) 写真・GettyImages
<全米オープン 初日◇17日◇ウィングド・フットGC(米国ニューヨーク州)◇7477ヤード・パー70>

新シーズンのメジャー初戦は、まずまずのスタートとなった。今季の「全米オープン」会場は難関ウィングド・フットGC。同コースで以前に大会が行われた2006年は、優勝スコアが「285」のトータル5オーバーだった。

そんなモンスターコースでの初日は、パターに大きく左右される1日となった。スタートから1.5~2mのパーパットを沈め、しぶとくパーを拾っていく。そして5番パー4で2打目を3mのチャンスにつけると、これを沈めてバーディを先行させた。だが前半を「34」と1つ伸ばして折り返したものの、後半に入るとパターに苦戦。13番までに3ボギーを叩いて2オーバーまで後退した。

しかし、ここから崩れることなく終盤には巻き返すシーンも見られた。「14番からいいパットができた」と調子を取り戻し、14番パー4では2打目をグリーンからこぼすも、3打目で約1.5mに寄せてパーセーブ。すると15番パー4で2打目を1.5mにつけてバーディを奪い、最終ホールも2m弱のバーディチャンスにつけた。これはわずかにそれて入らなかったが、2パットのパーでフィニッシュ。「18番が入れられたらもっとよかった」と悔しさも残したが、「久々に良い形でプレーできたと思います」と悪くない感触で初日を終えた。

初日のスタッツを見てみれば、フェアウェイキープ率が71%。一方、パターは31パットと課題は明白。「今日と同じようにティショットを安定させて、パッティングがうまくいけば良いゴルフができる。(練習は)パッティングメインで、ショットももう少し」と、モンスターコース攻略に向けて調整を進める。

現時点でのトップは5アンダー。予想よりも上が伸ばす中、明日少しでも上位に近づきたいところだ。

記事提供:ALBA.Net(GGMグループ)

ALBA.Net関連記事
・「これだけ深いラフは体験したことがない」 石川遼は“超難関コース”で迎えた誕生日に2オーバー発進
・「悔しい気持ちはあります」 最終Hで痛恨ダボ 最強アマ・金谷拓実の1日を振り返る
・海外メジャー初予選通過へ上々の滑り出し 今平周吾が気合のナイスカムバック献
・メジャー16勝目に黄信号 タイガー・ウッズの初日は「もっとできたはず」

このラウンドのニュース

関連ニュース

関連フォトギャラリー

  • 松山英樹が初日のラウンドをまずまずの形で終えた (全米オープン)(2021) 写真・GettyImages
  • 松山英樹ら日本勢は第1ラウンドを消化しきった (全米オープン)(2021) 写真・GettyImages

Pargolf Members

すでに会員の方はこちら

最新トピックス


アクセスランキング

ツアー・トーナメント

トーナメントプロ公式サイト・ブログ