フジサンケイレディスクラシック

国内女子

恒例の川奈対策で首位発進 永峰咲希は年3度の“記念登板”パターで「65」

ショットは「60、70点」という永峰咲希 首位発進を演出したのは“再登板”パター フジサンケイレディス(2021)(初日) 写真・上山敬太
ショットは「60、70点」という永峰咲希 首位発進を演出したのは“再登板”パター フジサンケイレディス(2021)(初日) 写真・上山敬太

リーダーズボード

順位 選手名 スコア 合計
1 永峰 咲希 -6 -6
2 田辺 ひかり -5 -5
3T 藤田 さいき -4 -4
3T 淺井 咲希 -4 -4
3T 吉本 ひかる -4 -4
3T 古江 彩佳 -4 -4
3T 稲見 萌寧 -4 -4
3T 申 ジエ -4 -4
9T 笠 りつ子 -3 -3
9T 柏原 明日架 -3 -3
<フジサンケイレディス 初日◇23日◇川奈ホテルゴルフコース 富士コース(静岡県)◇6439ヤード・パー71>

ツアー初優勝を挙げた思い出の地で、永峰咲希が躍動した。出だし3ホールをパーにまとめると、4番パー5でイーグル。打ち上げの3打目は見えなかったが、「ギャラリーさんの歓声でわかりました」と、左ラフからの40ヤードをチップイン。初日を1イーグル・4バーディにまとめ、首位発進だ。

2021年は、苦戦が続いてきた。初戦の「ダイキンオーキッドレディス」こそ13位タイとしたが、その後は調子が上がらずここまで2戦連続予選落ち。昨年9月の「日本女子プロゴルフ選手権大会コニカミノルタ杯」で優勝し、統合となったシーズンでは賞金ランキングも上位につけるが、ようやくエンジンがかかってきた。

一度地元の宮崎に帰り、行き慣れた練習場でアドレスの向きが狂っていることに気づいた。そんな気づきもあって、「いいイメージがある」という川奈の舞台でショットも復調気味。とはいえ、まだまだ「60、70点くらいでした」というショットをカバーしたのは“川奈用”のパターだった。

昨年からネック部分が三角形の形状をしているテーラーメイドの『TRUSS(トラス)』パターをエースとして使っている永峰だが、ツアーで3試合しかないコーライグリーンの試合では、かつてのエースが再登板。『スパイダー ツアーレッド』が今年も川奈のグリーンを攻略した。

「ここで勝ったときのスパイダー。割り切って使っています。タッチも合うし、目も気にせず打てる」。かつての相棒は、年間3回の登場でもしっかりと永峰を支え、大会2勝目、そして今季2勝目に向けて最高のスタートを演出した。

例年この大会は、料理が可能な宿舎で、今週ももちろん同じ。前夜は母がつくった焼きそばを堪能し、そんな支えもあっての「65」だった。来週の28日は誕生日。「そうなればいいですね」と、25歳最後の週は、川奈で歓喜の勝利を収める構えだ。(文・高桑均)

記事提供:ALBA.Net(GGMグループ)

ALBA.Net関連記事
・“隔離明け”初戦の原英莉花は「吹っ切れて」3打差発進 師匠ジャンボは乗り移るか
・「予選落ちは悲しい」 5戦連続予選落ちのイ・ボミ、21年2戦目以来の決勝Rへ弾み
・藤田さいき好発進の裏に… 黄金世代が持っていない最大の武器

●アマゾン




●楽天


このラウンドのニュース

このトーナメントのニュース

関連ニュース

関連フォトギャラリー

Pargolf Members

すでに会員の方はこちら

最新トピックス


アクセスランキング