富士フイルム・スタジオアリス女子オープン

国内女子

勝率100%の“プレーオフ女王” 稲見萌寧が見せた土壇場の勝負強さ

“ここぞ”の勝負強さは折り紙付き 稲見萌寧が今季4勝目を手にした 富士フイルム・スタジオアリス女子オープン(2021)(最終日) 写真・岩本芳弘
“ここぞ”の勝負強さは折り紙付き 稲見萌寧が今季4勝目を手にした 富士フイルム・スタジオアリス女子オープン(2021)(最終日) 写真・岩本芳弘

リーダーズボード

順位 選手名 スコア 合計
1 稲見 萌寧 -2 -5
2 小祝 さくら -2 -5
3T 比嘉 真美子 -5 -3
3T キム・ハヌル -2 -3
3T ペ・ソンウ E -3
6T 辻 梨恵 E -2
6T 岡山 絵里 +1 -2
8T イ・ミニョン -5 -1
8T 大里 桃子 -5 -1
8T 古江 彩佳 -2 -1
<富士フイルム・スタジオアリス女子オープン 最終日◇11日◇花屋敷ゴルフ倶楽部 よかわコース(兵庫県)◇6390ヤード・パー72>

“負けん気”と“冷静さ”。これが稲見萌寧の2週連続優勝を支えた。トータル5アンダーで並んだ好調・小祝さくらを、またしてもプレーオフのすえにくだした。

18番パー4を繰り返す“延長戦”2ホール目。小祝が2打目のバンカーからのアプローチを、しっかりとピンに寄せたことを確認すると、自分のバーディパットに向かった。残りは8メートル。「最後は決めにいきました。これを決めないと勝てないと思った。入らなかったらもう1ホール。すべての体力を使うくらい気合を入れました」。ボールはキレイにカップに吸い込まれる。その瞬間、右手を高々とあげて喜びを爆発させた。

小祝に1打リードの状況で正規の最終18番を迎えたが、3打目のアプローチを2メートルまで寄せたものの決められずボギーを打った。気持ち的にガクッと来てもおかしくないが、「(プレーオフに)“もつれ込んだ”とは思わないようにしました。気分が下がってしまうので」とここで自らを保った。こう考えられたのには、こんな裏付けがある。

ここまでの4勝のうち2勝はプレーオフのすえつかんだもの。今回で3勝目となったが、その勝率は100%だ。本人も「(プレーオフには)自信があります」と言うほど。もともとが“追い込まれると力を発揮する”という性分。今回もプレッシャーがかかる場面に、「さくらさんとのプレーオフは楽しそうだな」と笑顔で向かっていった。

今週は開幕前から武器のショットが不調であることを訴え、今朝の練習ではテレビ電話をコーチにつなぎ見てもらったが「最後まで当たらなかった」と不安を残したままだった。

さらにたて続けの優勝争いや、前日28ホールを回った影響で、「ピークを通り越しました」というほど体には疲れが残っていた。この状況をアプローチ、パターで耐えしのぎ、「あまり奮い立たせると体力がきつくなるので冷静でいた」と自分をコントロールしながら乗り切った。

今後の目標は「メジャーで優勝」すること。またこの優勝で賞金ランクも4位(8574万3216円)に上がり、女王争いも視界に入る。それでも、「女王は常に勝ち続けたり、上位にいないと厳しい。まずは毎試合上位にいて、結果的にそうなれたらうれしいという考え方をしたい」とどんな時でも強さを発揮することをまずは目指していく。2021年は6試合中これで3勝。21歳は、まさにそんな存在になりつつある。

記事提供:ALBA.Net(GGMグループ)

ALBA.Net関連記事
・小祝さくらは「リベンジしたかった」 PO敗北で「普通に負けるより悔しい」
・比嘉真美子も松山英樹の躍進に脱帽 「言葉にならないリスペクト」

このラウンドのニュース

このトーナメントのニュース

関連ニュース

関連フォトギャラリー

Pargolf Members

すでに会員の方はこちら

最新トピックス


アクセスランキング