富士フイルム・スタジオアリス女子オープン

国内女子

稲見萌寧が2週連続優勝達成 プレーオフで小祝さくらを下す

プレーオフを制した稲見萌寧が2週連続優勝を果たした 富士フイルム・スタジオアリス女子オープン(2021)(最終日) 写真・岩本芳弘
プレーオフを制した稲見萌寧が2週連続優勝を果たした 富士フイルム・スタジオアリス女子オープン(2021)(最終日) 写真・岩本芳弘

リーダーズボード

順位 選手名 スコア 合計
1 稲見 萌寧 -2 -5
2 小祝 さくら -2 -5
3T 比嘉 真美子 -5 -3
3T キム・ハヌル -2 -3
3T ペ・ソンウ E -3
6T 辻 梨恵 E -2
6T 岡山 絵里 +1 -2
8T イ・ミニョン -5 -1
8T 大里 桃子 -5 -1
8T 古江 彩佳 -2 -1
<富士フイルム・スタジオアリス女子オープン 最終日◇11日◇花屋敷ゴルフ倶楽部 よかわコース(兵庫県)◇6390ヤード・パー72>

国内女子ツアー2021年第6戦の最終ラウンドが終了した。トータル5アンダー・首位に並んだ稲見萌寧と小祝さくらがプレーオフ(18番パー4繰り返し)を行い、2ホール目でバーディを奪った稲見が優勝を果たした。

稲見は先週の「ヤマハレディースオープン葛城」に続く2週連続優勝。今年3勝目(今季4勝目)、ツアー通算5勝目を飾った。敗れた小祝は稲見と同じく今年3勝目がかかっていたが、目前で涙を飲んだ。

トータル3アンダー・3位タイに比嘉真美子、キム・ハヌル、ペ・ソンウ(ともに韓国)。トータル2アンダー・6位タイには岡山絵里、辻梨恵が入った。

昨年3勝を挙げた“プラチナ世代”の古江彩佳はトータル1アンダー・8位タイでフィニッシュ。今年初のトップ10で大会を終えた。前回大会覇者の申ジエ(韓国)はトータル4オーバー・30位タイだった。

記事提供:ALBA.Net(GGMグループ)

ALBA.Net関連記事
・小祝さくらは「リベンジしたかった」 PO敗北で「普通に負けるより悔しい」
・比嘉真美子も松山英樹の躍進に脱帽 「言葉にならないリスペクト」

このラウンドのニュース

このトーナメントのニュース

関連ニュース

関連フォトギャラリー

Pargolf Members

すでに会員の方はこちら

最新トピックス


アクセスランキング