富士フイルム・スタジオアリス女子オープン

国内女子

“クッタクタ”稲見萌寧が2週連続Vへ暫定トップ浮上 「放心状態でした」

疲労困ぱいでもスコアは伸ばす稲見萌寧…恐るべし 富士フイルム・スタジオアリス女子オープン(2021)(2日目) 写真・岩本芳弘
疲労困ぱいでもスコアは伸ばす稲見萌寧…恐るべし 富士フイルム・スタジオアリス女子オープン(2021)(2日目) 写真・岩本芳弘

リーダーズボード

順位 選手名 スコア 合計
1T ペ・ソンウ -5 -3
1T 岡山 絵里 +1 -3
1T 稲見 萌寧 -3 -3
1T 小祝 さくら -3 -3
5 辻 梨恵 E -2
6T キム・ハヌル E -1
6T 森田 遥 +1 -1
8T ペ・ヒギョン E E
8T 笠 りつ子 -3 E
8T 山下 美夢有 E E
<富士フイルム・スタジオアリス女子オープン 2日目◇10日◇花屋敷ゴルフ倶楽部 よかわコース(兵庫県)◇6390ヤード・パー72>

2週連続優勝がかかる稲見萌寧は、長丁場のラウンドで第2ラウンドに「69」をマーク。トータル3アンダーまで伸ばし、岡山絵里、小祝さくら、ペ・ソンウ(韓国)と並ぶ暫定トップタイに浮上した。

ラウンド後、“ハァ…”と大きなため息をつく。その表情が激闘を物語っていた。第1ラウンドの残りと、第2ラウンド合わせて28ホールをプレー。「覚悟はしていたんですけど、2ラウンド目のハーフくらいでクッタクタでした。先週の疲れも残っていて…。途中、放心状態でした」とまさにギリギリだったが、それでもしっかりと首位浮上に成功した。

午後6時26分に日没サスペンデッドとなったが、その直前に滑り込みでホールアウトに成功。「他の選手のスコアを見ている余裕はなかったです。終わらせないとという焦りもあって早くプレーしてました。早く終わらせるのが一番」というラウンドが実を結んだ形だ。

明日、同じ位置から優勝を争うのはソンウ以外今季の優勝者ばかりとあって、ハイレベルな戦いになること必至。それだけに最後は体力も重要となってくる。「今までにないくらいの疲労感があるので明日までに少しでも回復できるように。それでやってみて、いけそうなら(優勝を)狙いたいですね」。疲れを吹き飛ぶようなラストシーンを作り上げたい。

記事提供:ALBA.Net(GGMグループ)

ALBA.Net関連記事
・早起きは5アンダーの得? ペ・ソンウがシルバーコレクター返上へ「積極的にトライしたい」

このラウンドのニュース

このトーナメントのニュース

関連ニュース

関連フォトギャラリー

Pargolf Members

すでに会員の方はこちら

最新トピックス


アクセスランキング